うれしい報告が届きました!|中学受験・高校受験の親技

新着記事一覧

すっかり気分が軽くなりました


小1 Taekoさん 正直、もっと凄いことが書いてあるのかと思っていました。読む前に相当覚悟をしていました。 でも読み終わった後「これなら私にも出来るのでは?」と、すっかり気分が軽くなりました。基本さえしっかりしていれば何も難しく考えなくていいんだ。 ただやはり「継続」する事の難しさはあります。これは親技の何者でもありませんね。 とにかくこの3ヶ月の間に勉強の習慣づけをした...

息子が私をすごく好きになってくれてきている


小4 ねねさん ◆明らかに今回の成果と思うことは何ですか? とにかくきちんとした答案をかくようになった。(ていねいな字。ちゃんとした式) 自ら100%の正答率に拘るようになった。口だけの「悔しい」ではなく本気で悔しがる姿は頼もしくこんなにガッツもある子なんだと嬉しかった。 回を進める毎に「どうせ僕はあほやし」と言わなくなったのは「今まで(やってもできない)と思っていたが、習...

届いて、一気に読みました


小5 ちぃさん 届いて、一気に読みました。 悩んでいた事、誰も教えてくれなかった事でした。 後日、読み返してみると、さらに、深く心に響きました。 何度も読み返して、自分の身となるよう頑張ります。 鉄則を読んで1ヶ月、今月の成果はどうだったでしょうか?「マスターテストで合格点を取る」は達成されたか? 勉強の鉄則は、まず「わからない問題をやる」ことではなく、わかる問...

「受験学年になる前に」勉強方法を確立しておく!これが鉄則

毎年11月にもなると、来年受験生となる小学5年生、中学2年生の方からの相談が急増します。 「いよいよ受験生」という意識と「今のままでは・・・」ヤバイという認識が交錯してのことであろうと思います。 「ストロングさんのどの教材を買ったらイイですか?」という相談には、基本的に「買わなくてよろしい」と返信しております。 何かを買う前に「お子さんのそばで勉強の様子を見てみる」これが最優先。...

受験だけじゃなく合格後の勉強のやり方までノリ勉でがんばっていこう


小5 ゴドンさん テスト無事終わりました。今までやった部分は全問正解。90%の出来でした。 間違えてはしまいましたが、早くできることでわからない問題にかける時間が沢山とれるというのが子供にわかったのはよかったと思います。 同時進行でやった塾の週テスト範囲のノリ勉は前回の単元のやり方とテストの時にごっちゃになってしまっているものがあり、成績には結びつきませんでした。それでも、お土産...

これ以上無いというぐらい最高の教材

小4、小2 minaママさん 「10の鉄則」が発売される前からメルマガを購読しています。メルマガだけでも十分価値があり、本も購入したので、鉄則までは必要ないかな?と、考えておりましたが、色々心配になり、このたび「鉄則」と「ノリ勉」を合わせて購入しました。 基本的にはメルマガで何度か読んだ大切な事が含まれていましたが、それをまとめて読めるのは頭が整理されてよかったです。手帳に書き写して、...

メンバー専用ページはとても参考になりますね


年長 小さな事からコツコツとさん 「10の鉄則」読まさせて頂きました。 子供達は就学前ですので、日々の生活全てが勉強です。生き物に興味を持てば飼育したり図鑑で調べたり、動物園や水族館、博物館に出かけたりもします。 絵本も毎日読み聞かせ、無理なくひらがな、カタカナを覚えました。疑問に思った事は見たり調べたりして納得する、それらが定着してきたので、今まで全く手をつけていなかった「勉強...

本人も私も驚きの過去最高点でした


小4 Kさん (省略)・・・・・・第二に、集中して学習すると、短い時間でも結構な量がこなせると、本人が感じていることです。 これまで、だらだらと時間をかけたり、途中おしゃべりがとまらなかったり、問題が解けずにふてくされたり、時間ばっかりかかる学習でした。でも、本人が「短い時間でも結構、たくさんできるじゃん。僕って頭いい!」という発言がでるなど、本人が集中する良さを感じているようでし...

大いに反省し、計画の練り直し


小5 出遅れた父さん 家内とともに読んで、大いに感心しこれまでの息子への態度や言動を大いに反省し、計画の練り直しをしました。 あとは日々家内とともに『10の鉄則』の実践に努めてみます。とはいえ、これまでの悪い「癖」が実践を妨げないよう注意しなくては...。 何とか頑張ってみます。わが子は潰したくありませんから。 自分が考えるほど悪いことばかりではないものです。鉄則1、これに...

子どもの力を引き出せていなかったのは私


[算・数] 7日間を終えての感想 お子さんの学年:小六 ◆明らかに今回の成果と思うことは何ですか?: 子どもが最後のテストで96点もとったのに「悔しい~!!!」と何度も言っていたこと。 これまで塾の問題は、解けなくても悔しがらず、どこか「塾では難しいことをやっているんだから、半分、取れていればいい。解けなくても平気。」という感じでした。小学校のテストも100点がひいき目で見...