うれしい報告が届きました!|中学受験・高校受験の親技

新着記事一覧

子供は、かなり頭が整理された


小5 えみりんさん 親勝つ講座に申し込み、子供に10分以内に説明をし、その際、親勝つシートに、子供に書き込ませながら、いいました。子供は、かなり頭が整理されたらしく、(私もですが)良かったです。 CDは、今で2回聞きました。2回目には、1回めには、なかった発見があり、子供の勉強の反復の意味を感じました。 2回お聞きくださいましたか!自分の血となり、肉となり、自分の言葉になったとき...

手を離すどころか突き放してきたかも・・・


小6 すぐ怒ってしまう母さん ダメな親の見本がまるで自分のことのように思いました。しかし、この鉄則とめぐり合えてよかったです。 ノリ勉からスタートして1ヶ月なんとか家庭での学習が続いています。まだまだ未熟な私は時々怒鳴り散らしてしまいますが娘もやればできるを実感してきたようです。 読解力とひらめきを身に付けるためには基礎力の充実が欠かせません。ひらめきを身につける練習ではなく、鉄...

すっかり気分が軽くなりました


小1 Taekoさん 正直、もっと凄いことが書いてあるのかと思っていました。読む前に相当覚悟をしていました。 でも読み終わった後「これなら私にも出来るのでは?」と、すっかり気分が軽くなりました。基本さえしっかりしていれば何も難しく考えなくていいんだ。 ただやはり「継続」する事の難しさはあります。これは親技の何者でもありませんね。 とにかくこの3ヶ月の間に勉強の習慣づけをした...

届いて、一気に読みました


小5 ちぃさん 届いて、一気に読みました。 悩んでいた事、誰も教えてくれなかった事でした。 後日、読み返してみると、さらに、深く心に響きました。 何度も読み返して、自分の身となるよう頑張ります。 鉄則を読んで1ヶ月、今月の成果はどうだったでしょうか?「マスターテストで合格点を取る」は達成されたか? 勉強の鉄則は、まず「わからない問題をやる」ことではなく、わかる問...

メンバー専用ページはとても参考になりますね


年長 小さな事からコツコツとさん 「10の鉄則」読まさせて頂きました。 子供達は就学前ですので、日々の生活全てが勉強です。生き物に興味を持てば飼育したり図鑑で調べたり、動物園や水族館、博物館に出かけたりもします。 絵本も毎日読み聞かせ、無理なくひらがな、カタカナを覚えました。疑問に思った事は見たり調べたりして納得する、それらが定着してきたので、今まで全く手をつけていなかった「勉強...

大いに反省し、計画の練り直し


小5 出遅れた父さん 家内とともに読んで、大いに感心しこれまでの息子への態度や言動を大いに反省し、計画の練り直しをしました。 あとは日々家内とともに『10の鉄則』の実践に努めてみます。とはいえ、これまでの悪い「癖」が実践を妨げないよう注意しなくては...。 何とか頑張ってみます。わが子は潰したくありませんから。 自分が考えるほど悪いことばかりではないものです。鉄則1、これに...

遅くとも冬休み明けまでに


公立高校受験における入試演習でもっとも手こずるのが数学と英語でしょう。 英語の入試では長文問題が出ます。教科書レベルしか知らなければ、当然戸惑うでしょう。 数学の入試では、今まさに学校でやっている単元が入試頻出単元で、入試ではその教科書レベルから1歩も2歩も踏み込んだレベルの複合問題が出る。 英語も数学も、それらへの本格的な取り組みはたいてい冬休みからとなるでしょう。 じゃ...

『10の鉄則』を読んで輪郭がはっきりしてきました


中1、小5 ちゃもさん メルマガを読んでいて、また、長女(中1)の塾の先生との面談で、どうも子供の成績には親が関係しているようだな...とぼんやりと見えてはいたように思うのですが、今回『10の鉄則』を読んで、輪郭がはっきりしてきました。 長女と次女(小5)では、勉強に関して悩みも違いますが、それぞれに当てはめて考えていかないとならないんですよね。当たり前のことなんですが、今までしっかり...

目に見える成果になれば


小学3年 yachiさん 鉄則の1から10まで、どれも参考になったのですが、とくに鉄則9が今、我が家で最も足りていなかったことだと気付きました。娘は小さいときから、何においてもいつも人より遅れていました。飲み込みも悪く、何度説明しても理解できず、すぐに忘れてしまう。 通信教育や公文などで家庭学習をさせてはいるものの、全く成果はでず、無駄な親子の戦いだけが続いているような状態です。娘は勉...

親の手腕が問われるところ


年少 あまれっとさん 1年以上メルマガを拝読してきましたので、全体になじみのある内容だという印象を受けましたが、細かいところで改めて腑に落ちる点も多くありました。 息子はまだ4歳なので早すぎるのではという躊躇いがありましたが、今の時期に購入してよかったと思います。子どもに何かさせるためというよりも、親の心構えについて意識を形成するための拠り所とさせて頂きます。 これまではいわゆる...