イイ時期に気づいた

小4 ケロリン父さん

1年前に妻が子供を塾の体験教室に行かせたところ、子供が気に入ったので、それから4年生の一年間○○塾に通わせました。

いつも英語やダンス、ピアノと様々なことをやらしたがる妻と、それなりにお稽古事はまじめにこなす娘ですから、まあ大丈夫かと思ってなんとなく、成績が横ばいでぱっとしないけどがんばってるからなとか、まあ自分が受験したことが無かったので、そういうものだと思ってました。

テストの結果などを見て、まったく習った内容を覚えていない、できていない、いったい何がいけないのかと思うようになり、ネットや本で色々調べるうちに鉄則のことを知って読んでみました.

子供にがんばれとか適当なことを言っていた自分が恥ずかしくなりました。

目標、取り組む内容の決定、これを達成していくことなど、親がスケジュール管理をしていく必要性を痛感しました。

きっとお子さんもしんどい思いをしていることでしょう。これが続くと、だんだん「机に座る」ことを頑張ると言うようになるかもしれません。

ちょうど学年の変わり目。イイ時期に気づいたんです。しっかりそばで観察し、手助けをしてやってください。

わからない授業を長時間聞くのは、本当にしんどいし、壊れてしまいそうな感覚になりますから。

10の鉄則

うれしい報告

対象:就学前、小学生、中学生の親

・親にできることは何か知りたい方
・今の問題は何かを知りたい方
・成績がイイ子の親と自分との違いを知りたい方

『10の鉄則』の詳細


  • 親技無料公開中!
  • うれしい報告が届きました!