落ちるのは大変簡単だったんですが・・・

小4 豆さん

国語:83点→98点

算数:108点→127点

社会:73点→73点

理科:69点→62点

算数は基礎問題は50点満点でした!これで4回連続満点です!!

なんと言っても国語のランクが久々に浮上したので、それが総合ランクを8に引き上げました。

なかなか漢字以外に時間をかけられない国語でしたが、今回は文法も力を入れました。その成果だと思うので、次回もその確認をしたいと思います。

ただ、今回の漢字は満点が取れていません。繰り返し練習が意味のないものになっていないか、チェックします。

国語についてはもう一つ、全ての振り返りをやろうとしないで問題を厳選してみました。授業で使った問題を中心に問題を解いて、家で新規にやっておく問題はやらずにやった問題の考え方を一緒に考えることに時間を使いました。

しかーし!親の采配ミスにより、子供には大変申し訳ないことをしてしまった・・・ やらなかった問題がテストに出ました・・・

ヤマを張るつもりではなかったのですが、結果的にヤマを外したも同然。この事実は息子には告げられなかった・・・

やった問題を確実に!を目標にしたため、全てを見たことにある問題に!とはいきませんでしたが、彼の場合見たことがあるからと言って解けるにはまだ遠いと思われるので、やっぱり次回もこの路線で点固めをしようと思います。あくまでも国語に限った作戦です。

算数は・・・基礎は満点記録を更新ですが、やっぱりもう1ランクあげたい。

そのためにはテスト問題の分析をこれ以上手つかずのままでいていいはずがない!

何度かABC分析をやってみたのですが、『子供にとって』という基準がわかりにくくて続かない。最初は確度が低いのだから、何度か出した数字と実際のランク動向を比較しながら修正していけばいいという気もしますが・・・

私が面倒くさがっているうちは何も進まないと言うことでしょう。

夏のテキストがあまりに理解できていなくて、総合と難関の間には思った以上に高い壁があるのだと思い知りました。

落ちるのは大変簡単だったんですが。

ABC分析はよくわからなければ、子供に目の前でやらせたらいいですね。

まずは正解不正解に関係なく、「すぐに解法を思いつき取り掛かれれば」A問題に、「少し考えて、またヒントがあれば取り掛かれる」問題をBに、「わからない、ヒントを聞いても意味ブー」の問題をCに分類したらイイ。

Aから順番に撃破するのは言うまでもありません。

豆さんの場合は、これまでの報告を見る限りではA問題は撃破できているので、B問題をどう攻略するかに今重点を置くべきでしょう。

B問題をどう攻略するか、どう落とし込むか、どう速く解けるまで落とし込めるかのそのやり方をしっかり考える。

そのB問題への落とし込み方によって、さっぱりC問題ができないとなるか、少しC問題も解けるようになりました、またはC問題が減りましたとなっていく。

こうして今いろいろ試せるのは4年生だから。理想は5年生夏までに勉強のやり方を確立です。

ぜひ知恵を絞り、親の時間も使って頑張って下さい。

復テ対策講座

うれしい報告

対象:私立中学の受験を目指し通塾されている方

・範囲の狭いテストでも点が取れない方
・今の勉強のやり方のどこが悪いのかが不明な方
・次の復習(単元)テストで点数を上げたい方

復テ対策講座の詳細


  • 親技無料公開中!
  • うれしい報告が届きました!