うれしい報告が届きました!|中学受験・高校受験の親技

新着記事一覧

もうご褒美はいらない。嬉しい!


小5 志麻じろうさん ◆明らかに今回の成果と思うことは何ですか?: 最終日の話をさせてください。 最終日、「よっしゃー!」と言いながら、自信満々で解いたのですが、 一回目:98点 解答時間 27:07 でした。それも間違っていたのは、これはできる!としていた問題で、計算ミスでした。(+o+)痛恨のミスとは、このことです。10点分の問題は本人が本当に嫌がっていたところか...

子どもの勉強への意識が違ってきた


小5 プルートさん こんにちは。小学5年生になる子どもの親です。 中学受験コースを受講して、1か月が過ぎました。 ノリ勉を活用しているのですが、実は、少しずつですが成果が出てきたのです。 親の私が、びっくりしているのですが(試行錯誤で行っていたので)。 二週間ほど前から、塾での確認テストが上がってきました。 4年生の時には、20点代~30点代ばかりだったのですが...

やる気を引き出すことが可能である


小5 バトル厳禁!さん ◆明らかに今回の成果と思うこと: 子供の集中力・計算力が思ったよりもしっかりしていることを発見したこと(=親にとっての成果)。 できる問題はより速く、全くわからない問題も、解けるようになることを、体得できたこと(=本人にとっての成果)。 ◆親にとって学ぶべき点: やり方次第で、バトルを避け、やる気を引き出すことが可能であること。子供の勉強を支援...

春には親子で喜び合えるよう


中2 野ブタさん 子供の勉強へのとらえ方がわかり、本当にその通りだと思いました。 いままで、子供ひとりで勉強させなければと思い、口だけで「もっとがんばれ。」「復習しなさい。」など命令ばかり。反省です。 「鉄則」を読んだ次の日から7.8.9を自分なりに実施。 思春期の息子は意外にも嫌がらず、実行しています。母親の私も息子とともに「親技」を勉強し、来年の春には親子で喜び合え...

入試が終わった後の一声「全力で出来た」


小6 Mさん 数年のご無沙汰をお許し下さい。娘の受験では親技に出会い、ご相談もさせていただき、お陰様でスタートが遅かったにも関わらず合格することが出来、今でも本当に感謝しております。 あれから娘はどっぷりと部活に浸り、毎日が楽しくてたまらない様子で、通学しています。 先日行われた全校マラソン大会では学年で一位、中高総合でも四位という成績をいただきました。勉強はぱっとしない娘で...

気苦労も体力も2倍以上必要だが喜びも2倍


受験報告 お世話になっております。 今日、双子の下の子の合格発表があり、志望していた公立高校に通えることになりました。 元々、下の子の方が学習において心配があり、『10の鉄則』から始め、数学と英語のノリ勉、そして親カツ講座前期、後期と受講し、現在に至ります。 ところが、安心していた上の子方が、推薦で不合格になり、もっと親カツ講座を上の子の方にも駆使して内申点を上げてやれ...

子どもが大人になるまでに、何を伝えたいのか


小3・小2 ゲタりんさん まだ途中、というよりは、読んですぐなんですが、私達夫婦の子供へのビジョンが驚くほどあいまいだと気づかされました。親の私達が、『子どもが大人になるまでに、何を伝えたいのか、気づいて欲しいのか』について確認しあういい機会をいただきました。 ゲタりんさん、今月勝負ですよ!お子さんに「もうちょっとやりたいる!」とか「もっと難しいのをやってみたい!」と言わせたら、ゲタり...

子供をその気にさせる方法ってあるんですね


新小5マーマーさん ◆明らかに今回の成果と思うことは何ですか?: 子供の集中力です。2クール目にも、同じ様な気持ちを抱いてくれるかは不安ですが、こんなに集中して勉強に取り組む姿は初めて見ました! 100%をとれなかった時・・自ら「もう1回やる!」という言葉を娘の口から聞くとは・・・先生に感謝であります。 私自身にも成果が・・・「誉めてのばす」です。怒ってばかり、減点法でばか...

成果を出したら抱きついて来た子供


中2 ののかーちゃん ◆明らかに今回の成果と思うことは何ですか?: 声をだして、しっかり発音するようになった、単語を早く覚えるようになった。英語をやるよ?といってもいやがらなくなった。 ◆親にとって学ぶべき点はありましたか?: 今まではだらだらと単語をおぼえなさい!というだけ。覚え方やチェックの仕方などを教えてやらなかったのに、結果だけを求めていた。暗唱しろ!といっても、た...

来年に向けて明日から春季講習のスタートです


卒塾生Mさんからの報告 ストロングさんへ 3年前に「親かつ講座」でお世話になり、先日、大学入試の小論文の件でご相談させて頂いたMです。 センター試験の結果が悪かったにもかかわらず、前期・後期試験とも第一志望校にチャレンジしました。 前期試験では、センター試験のハンディを埋めることができず、後期試験の小論文は、「さすがに手に負えない」内容だったようで、残念な結果でした。 ...