色々なことが勃発したので、記憶さえも飛びかけています

小6 しゃけはおいしいさん

1月の初旬に、電話にてアドバイスいただきました。本当にどん底の状況で、ご意見いただきまして助かりました。本当にありがとうございます。

あまりにも、色々なことが勃発したので、記憶さえも飛びかけています。

(省略)・・・学校に進学を決めました。(省略)ただ、第一志望はあくまで浅野でしたので、それがかなえられなかったことは、本当に親としては、反省しなくてはいけない点が多々あると思います。

●●は、幼いということもありますが、大人ではあきらめるような実力差の浅野の試験日まで純粋に合格をするために、塾の休み時間にもクラスで1人、社会を覚えたり、本当に前向きに頑張っておりました。

夏休みは、寝る前に社会を覚えていましたが、覚えられない!いやだ!と半泣きでやっていたことを考えると大変な変化です。

その頑張りの姿を見ると、もっと前に親としてなにかやる方法があったのではないかと反省しております。

(省略)ほんとにひやひやのギリギリ合格をいただきました。

親カツ講座は、初めての中学受験ということで早め早めに手を回さなくてはと思って受講しました。

前期からの受講で受験の流れや、整理の仕方、今やるべきことなど解り、もし受講していなかったらどうなっていたのだろうかとぞっとする思いです。

親カツ講座の内容は、非常にシンプルで解りやすくできておりましたが、後になって、ああ、あそこで、ストロングさんが言っていたことはそういうことだったのかと、私の詰めの甘さや、中学受験に対する考えの甘さなど痛感いたしました。

一つ一つを形ではやっておりましたが、ああ、そういうことを言っていたのだと深─く後になって気がついたことが何度かありました。

音声メッセージなどで教えていただいて、実行して、成績が上がったものも本当に多々ありました。

一番親カツ講座を受講してよかったと思っていることは、2月1日絶対取ってくるように、絶対取れるという準備をした▲▲中学に落ち、2日の■■中学も社会ができなかった。

抑えに行った午後の◆◆中学の問題が全く分からなかったということで、2日の■■中学の合格が判る夜10時まで、本当にこのままでは全落ちかもという状況のときで、

本人も「中学受験なんかしなければ良かった。浅野なんてかけ離れたところを第一志望になんかしなければよかった」と言ったときに

「全落ちしたとしても、それは全ておかあさんの作戦ミスのせいだから、あなたは明日の浅野の勉強のことだけを考えなさい」と言えたことです。

口では言えましたが私も心の中はへろへろでした。

そんなことを言えたのは親カツ講座をうけて、心の準備も最悪のことを想定して、

そして、1月の函館ラサールで、●●が変わっただけでなくストロングさんとお話して、自分も少し変わったからだと思います。本当にありがとうございます。

しかし、しみじみ、中学受験は、夏前が勝負だったんですね。

夏期講習前がレストランで言うラストオーダーで、お店は、かたづけに入り、明日の仕込みをするような状態の中で、自分の子供の成績を上げなくてはならないのは本当につらかったです。

●●は、最後には「勉強が前は苦痛だったけど、普通になった。」とか浅野を頑張っているときに、頑張りながらも無理そうだという自分がいて、もし、「中学が駄目だったら大学では絶対自分の行きたい学校に行けるように勉強する」と言うようになりました。

二人、自分から朝8時に勉強を始め、夜の11:30まで、ずーっと勉強をしているということは、夏休み前には想像さえできませんでした。よく頑張ったと思います。

そして、浅野を受験した当日は、本当に自分たちの実力不足をしっかり認識したそうです。

自分が難しいなと思っている問題を、「おまえ開成どうだったー?」「麻布どうだったー?」と休み時間にでかい声で話している嫌なやつは、しっかり書き、できている。そういうやつが周りにいっぱいいたと。

そして浅野の発表日は、二人で実際に学校行き、番号がないことを確認して帰ってきました。

2日間今までを取り戻すかのようにテレビ、まんがゲームをやりましたが、本人たちも今回のことで、本当に、世の中厳しいところは厳しいと認識したらしく、中学が始まるまで、何をやったほうがいいかなあと言い出しております。

私も、今回の受験で親として失敗したことをこれから整理しつつ、もう中学の準備を二人と始めようと思っております。

また、他講座でお世話になるかもしれませんが、その時はよろしくおねがいいたします。

本当に、一番苦しいときに、助けていただいて、ありがとうございました。

しゃけはおいしいさんは、テスト分析でも実に的確な判断をなさる方でした。

テスト分析が的確ということは、子供の実力把握も的確であるということです。

第一志望は残念でしたが、この結果は間違いなくこれからの糧になるであろうと報告メールを読めばわかると思います。

本当にご苦労さまでした。

この先輩からのメールをヒントに来春の受験生が「今」猛ダッシュを決意し、実際に猛スタートを切られることを切に希望いたします。

親カツ講座

うれしい報告

対象:中学受験生、高校受験生の親

・お子さんが受験生としての自覚がない方
・志望校合格への道が見えてない方

夏までコースの詳細

入試実践コースの詳細


  • 親技無料公開中!
  • うれしい報告が届きました!