「上がる」と「上げる」の違いを実感

小4 ちびたさん

◆明らかに今回の成果と思うことは何ですか?:

成績を上げられた!「上がる」と「上げる」の違いを実感しました。勉強の進め方。できない問題へのアプローチは目から鱗でした。

我が子を知っているつもりだったのに、実は分かっていなかった、という事を親が気づいた。(私にはコレが一番の成果です)

◆子供のそばで勉強を見るってやっぱり非常識でしょうか?あと、親にとって学ぶべき点はありましたか?:

非常識ではないと思います。親でなくても良いのでしょうが、一番身近にいるのですし、親ができればベストなのではないでしょうか。

途中、私自身のせいでプログラムを台無しにしかけましたが、改めて自分の目的・使命を確認できました。

◆お子さんと一緒に勉強するのは楽しかったですか?:

楽しかったです。途中、理想通りに進まず、非常に辛い日もありましたが、色々な発見があり、面白かったです。「子どもって難易度に関係なく、100点が好きなんだ~」とか。

ありがとうございます。7日間で終わるプログラムを2日間足踏みしながら、踏ん張って完走したちびたさん。

ご苦労様です。収穫があったとのことで、なによりです。

「子供のイイ状態を親が知る」
「子供自身が自分のイイ状態というものを確認できるさせる」

そのことがこれからの勉強で財産になりますし、その「イイ状態」というのは、もっともっと良くなっていきます。

段取りが分かったので、さらにイイノリ勉をこれからも続けてください。

親子ノリノリ勉強法

うれしい報告

対象:小学生、中学生の親

・親が勉強を見ても成績が上がらない方
・親が勉強を見るとケンカになる方
・勉強のさせ方がわからない方

親子ノリノリ勉強法の詳細


  • 親技無料公開中!
  • うれしい報告が届きました!