褒めるところはたくさんあるんだということに気づきました

新6年生 あいままさん

◆明らかに今回の成果と思うことは何ですか?:

時間を区切って勉強をやると、集中できた。親が勉強を教えるものではない日々褒めることはたくさんある成果が見えると次の頑張りにつながる

◆親にとって学ぶべき点はありましたか?:

受験は子供だけのものではなく、親も共にそばで励ましながら向かって行くものなんだな、褒めなければいけないんだな、と言うのが正直な実感です。

最初は褒めるところなんてあるのかな、と思っていましたが、毎日のストロング先生からのメールで、褒めるところはたくさんあるんだということに気づきました。

それとあまりにも塾で習っている、わかったつもりになっていることが多いこと。

完璧に復習で頭の中に落とし込まないと、そしてそれを反復、時間短縮、までの段階へ進まなければできる、ということにはならないということ。かなり甘く見ていました、自分の未熟さに呆れました。

それと夫婦と子供がみんな足並みをそろえていかなければならないと言うことです。

◆お子さんと一緒に勉強するのは楽しかったですか?:

褒めても妙に冷めていてあまり喜ばないだろうなと思っていましたが、集中して勉強をして、その成果が自分で確認できたらやはり嬉しいんだなと思いました。

子供と勉強するの楽しかったです。今回も何度かは言い合いになることもありましたが、お互いに集中して短時間、と言う方法がとても完結、且つ効果が出るとわかり、これからもノリ勉の方法で算数をあたまに落とし込んで行きたいです。

実はお恥ずかしながら最終テストの答え合わせのときにあまりにも子供が理解していない問題があり、少し言い合いになってしまいました。

今の子どもの理解力だと、志望校は無理かもしれません。でも夏前まで親子一緒に頑張ると言う意思確認を改めてしましたので、なんとかへっぽこ親ですが決まり、目標を立てて頑張りたいと思います。ありがとうございました。

ストロング先生の毎日のお言葉にどれだけ救われ、どれだけ励まされ、どれだけモチベーションを上げていただいたことか。

…これなんですね、褒める、励ます、って!

ありますよね、子供の褒めるところ。褒められるような成果を出せばいくらでも褒められる。

成果もないのに褒めることはできません。みんな成果を出していない子供を一生懸命褒めあげて勉強させようとするから間違った方向に進むんですよね。

あいままさんは「できる」っていうのがどの段階までいったものなのかを体感されました。しんどいけれど、それらを1つでも2つでも増やしていく。

それが3か月できて、子供に勢いがついてきたら、志望校についてもう1回考えてみたらいいですね。勢いがついた子供っていうのは結構なノリでいってしまう場合だってあるのですから。

まずは3か月、実績を積み上げてお子さんにも自信を持ってもらいましょう!

日々の宿題や勉強、家庭学習のやり方を伝授

親子ノリノリ勉強法

うれしい報告

対象:小学生、中学生の親

・親が勉強を見ても成績が上がらない方
・親が勉強を見るとケンカになる方
・勉強のさせ方がわからない方

親子ノリノリ勉強法の詳細


  • 親技無料公開中!
  • うれしい報告が届きました!