もう少し早くこの本に会いたかった

小6 3兄弟の母さん

『10の鉄則』が届きましたが、最初の感想はえーと思うことばかり。

でも、「目の前の霧が晴れた」「腹に落ちた」という感覚でした。

ずっと息子のことが気がかりでした。でも、何をしていいのかわからずに毎日が過ぎていくばかり。成績は中の上。

宿題は真面目に取り組む子。言われたことはきちんとやるけれど。塾にも今年の3月から通い始め半年が過ぎました。成績も、上がらず下がらず。

真面目にやっているので「勉強やりなさい。」としかることもできず、でも、学力が身になっていないことは感じていました。この本の中の親が変わらなければ何も変わらない。これは、今の私へのきつい一発でした。

学習面だけでなく、生活面にしても子供にまかせっきりでした。30分+αだけでも子供のそばにいられるように時間をつくります。

ただ、私、鉄則を読むだけでも、大変でした。今では、かばんに入れていつでもどこでも読み返しています。もう少し早くこの本に会いたかったです。主人は、この本をみて、黙って読んでいました。熟読でした。

いかなる場合でも遅いということはないとストロングは思います。

勉強における成果とはなにか?鉄則を読んで親は実感し、それを家庭での勉強でやってみる。褒めるにも叱るにも基準がいります。

まずはその基準を作る。そのための家庭学習です。すべてはそこから始まります。嘆かず、悲しまず、1日30分、頑張って下さい。

10の鉄則

うれしい報告

対象:就学前、小学生、中学生の親

・親にできることは何か知りたい方
・今の問題は何かを知りたい方
・成績がイイ子の親と自分との違いを知りたい方

『10の鉄則』の詳細


  • 親技無料公開中!
  • うれしい報告が届きました!