親子ノリノリ勉強法

勉強時間にメリハリがついてきた


ともさん こんにちは。春休み中、数学と英語のノリ勉を体験いたしました。 数学は、基本ができるようになると、多少レベルの高い類似問題でも対応できるようになり、本人も自信がでてきました。 英語は、自分で問題を作成したり、解いたりがスムーズにできるようになっても、あいかわらず類似問題が解けません。頭の中で整理ができていないようです。 文中にbe動詞と一般動詞の両方は使わないことがあや...

最後には、素直に私と一緒に勉強するようになった!


中3 ぴんまいさん ◆明らかに今回の成果と思うことは何ですか?: 最後には、素直に私と一緒に勉強するようになったことです!びっくりです。 ◆子供のそばで勉強を見るってやっぱり非常識でしょうか? あと、親にとって学ぶべき点はありましたか?: 最初は考えちゃいました。自分はそんなことなかったからなぁと。 しかし、勉強のやり方もわからんちんだし、1年からの英語がまったく...

自分から、考えよう、調べようという姿勢がみえるようになった


中1年しょうちゃんりったんママさん ◆明らかに今回の成果と思うことは何ですか?: 自分から、考えよう、調べようという姿勢がみえるようになった。繰り返し、学習をすることにより、間違いが少なくなり、タイムが速くなるということを、実感し、だんだん数学が好きになってきたようだ。 ◆親にとって学ぶべき点はありましたか?: 口を出さず、楽しく勉強する時間になるようにするということが、大...

緑色のイケドンシート3セット送ってください


中3 ふろほんさん 緑色のイケドンシート3セット送ってください。 中学2年最後の定期はやったー! これまでの最高点(500点満点中482点)、1位から全部1点違いで学年4位。テストの6日前にインフルエンザで高熱を出しながらもなんとか、がんばって乗り切りました。 あとは受験に向けてまっしぐらって、行きたいところですが、クラスの友達はまだまだ、受験モードにはなっていない...

また、次回良い報告が出来るようがんばります


小3・4 ともちゃんさん  教科 = 国語・算数 テスト名 = 春季終了テスト 点数報告 = 小4 国語 点数80→66 偏差値47.6→51.7 算数 点数58→72 偏差値32.5→42.7 小3 初めてのテスト 国語 点数54 偏差値40.4 算数 点数85 偏差値56.5 報告 = 今回は、2人共算数に取り組みました。小4の子は、鉄...

子供の努力をまずは認める、この心がけ


ノリ勉5日目 おかぴいさんの報告 ◆取り組む様子はどうでしたか?: (省略)4日目の様子から、今日は正直あまり真剣に解決に取り組んでないだろうな、と半分あきらめモードでした。 様子次第では3日目の演習をやらせようと思いつつ、聞いてみたところ、ちゃんと理解してできたのです!これには本当にびっくり。選んだのは、塾テキスト中一番難しいチャレンジ問題からでしたから。 1回目の演...

「わかる」<「できる」<「早くできる」、というところまで身につける


小5 やすみつさん ストロング宮迫先生、ノリ勉7日間プログラム、終了しました。ご報告させて頂きます。 ◆明らかに今回の成果と思うことは何ですか?: 時間を測定し、速さにこだわるというのは初めてやってみました。 本人もかなり意識し、思うように結果につながらないと悔しがっていました。よい傾向だと思います。 「わかる」<「できる」<「早くできる」、というところまで身につ...

子供が前向きな発言


小5 りーまんさん ◆明らかに今回の成果と思うことは何ですか? 以前は口をすっぱくして「計算式を書こう!!」と何度も何度も繰り返していましたが、いっこうに効き目無しでした。 ところが今回は式を意外なほどきちんと書く意識ができました。 子供が「今度からこの勉強法でしよう!」と前向きな発言をしました。 ◆子供のそばで勉強を見るってやっぱり非常識でしょうか?あと、親にと...

息子の成績が伸びない原因がわかった


中2 まさりん75さん ◆明らかに今回の成果と思うことは何ですか?: 息子の成績が伸びない原因がわかったことです。 Aランクの問題を「凡ミス」と言って落とし続けていました。塾でもらった問題集の計算問題、文字式、連立方程式など、確実にとらなくてはならない問題を中心に繰り返しノリ勉しています。 何より、そのことに息子自身が気がついたことが今回の成果です。 ◆子供のそば...

もうご褒美はいらない。嬉しい!


小5 志麻じろうさん ◆明らかに今回の成果と思うことは何ですか?: 最終日の話をさせてください。 最終日、「よっしゃー!」と言いながら、自信満々で解いたのですが、 一回目:98点 解答時間 27:07 でした。それも間違っていたのは、これはできる!としていた問題で、計算ミスでした。(+o+)痛恨のミスとは、このことです。10点分の問題は本人が本当に嫌がっていたところか...