「読書」の記事一覧

こんにちは、ストロング宮迫です。 以下、小中学生に聞き取り調査をして、本棚に残しておきたい、もしくは複数人がオススメと言った本(ストロング独自調べ)を掲載しておきます。 本は楽しむために読むものだから、押し付けないで興味のあるものを読んだらいいですね。 父が急死した夏、母は幼い私を連れて知らない町をあてもなく歩いた。やがて大きなポプラの木のあるアパートを見つけ、引っ...

毎日親技「星座を作る」

公開日:
こんにちは、ストロング宮迫です。 大学の先生が学生向けに書いた「学生が教員にメールを送るときに守るべき最低限のルールを示しておきたい」を読みました。 多くの学生は、礼儀正しい、きっちりしたメールを送ってきてくれるが、イラッとするメールを送ってくる学生もいる。 そうです。 ここでも先日、なんだか不気味なんで返信もせずにそのままにしたメール「中3の偏差値30です。本当に偏差値が...
こんにちは、ストロング宮迫です。 この前ツイッター見てたら、こんなのがあって、 電車の中で保育園帰りとみられる男の子が父親に「アップルパイとおっぱい、どっちが好き?」「ねー、アップルパイとおっぱい、どっちが好きなの?」ってずっと聞いてて、イクメンも大変だなって思いました。— 深爪 (@fukazume_taro) 2016年5月13日 ハハハって笑ったんです。そし...
こんにちは、ストロング宮迫です。 先日、深夜にNHK「仕事の流儀」の再放送を見ました。番組のHP染織家・志村ふくみ 『いのちの色で、糸を染める』には、こう記されています。 草木染めは、植物のいのちを奪う残酷な行為でもある。それゆえに、志村は強い覚悟を持って挑む。 「糸に変身する色は、死と再生があってこそ生きる。ただ採ってきて染めたではないんです。本当に大切ないのちを頂いているとい...
こんにちは、ストロング宮迫です。 去年の6月からブログで二十四節気・七十二候の季節の言葉を土台に身の周りにあるものを毎日更新してきて1年となりました。 早いねえ・・・ ちなみに暦では今は季節は初夏、今日5月10日から14日頃までが二十四節気の夏の気配が感じられる【立夏】の次候にあたる 七十二候【蚯蚓出みみずいづる】 そもそも忙しい読者の皆さんに代わって季節の話題を提供...