「中2」の記事一覧

今回のご相談ですが、同じような悩みの方だけでなく、中学受験を目指して勉強している最中の方、高校受験に向け奮闘中の方も一緒に考えていただきたいテーマです。 どうぞわが身に当てはめて読み進めてくださいね。 早速今回の相談を読んでいただいて私のバズーカ砲を受け止めていただきましょうか。 中2 後悔の母さん いつもメールマガジンを楽しみに読ませていただいております。 5年程前...
こんにちは、ストロング宮迫です。 以前ここで相談を取り上げた「こんな風に追い込んだのも私なのか」についてお返事をいただきましたので紹介します。 私の相談をメルマガで取り上げてくださって、ありがとうございました。 会ったこともない私ども親子の悩みに付き合って下さって。涙が出ます。 もしスルーされていたら、受験もやめていたかもしれません。もっとダメな母親になっていたかもしれませ...
早速、読んでいただいて私のバズーカ砲を受け止めていただきましょうか。 さて、今回は前回からの続きとなります。前回のメルマガ「変化を見逃さない」では、偏差値30台からひょんなことをキッカケに前兆を見逃さずに成績アップにつなげたゲンママさん。 1つのキッカケで子供も変わるけど、実は親もその姿を見て次のステップに進む原動力を得るという話が前回の内容でした。 引き続きゲンママさんのメ...
早速今回の相談を読んでいただいて私のバズーカ砲を受け止めていただきましょうか。 中2 ゲンママさん 2年生に上がって1年の時には偏差値40台しかとれなかったのが50を上回ることができるようになりました。 これも一重に親技を紹介していただき、無料のメルマガを広く公開していただいているおかげだと感謝しております。 10月になるとこれをうけて通知表が配られ、それを渡...
小学生、中学生に限らず、「字を書くのが遅い、字が汚い、薄く小さい字を書くのを直したい・・・」という相談があります。 きっと、「もっと速く、きれいな字で書けば成績も上がるのでは?」との考えからだと思います。 親技でも「速く、丁寧に、濃い字で書く」べきだと言っていますが、順番を間違えると上手くいきません。「濃く」「丁寧に」「速く」の順に直していきます。 まず、「濃く」書くには、鉛筆や...
1 2 3 4 5 6 8