小4

最近購読させていただき楽しく拝読させていただいております。

現在小4の娘がいます。娘は、女子中学に通いたいと言い出し中学受験を目指しています。最近、進学塾に通い出し宿題もそつなくこなしやる気を出し始めたところで残念な事が起こりました。

通っていた塾は少人数制で講師一人に生徒四人体制でしたが、生徒が少なく娘のクラスは講師一人に生徒二人で行っていました。

その日塾が終わり迎えに行くといつになく元気がなく泣きはらした顔の娘がいました。

講師に聞いたところ、言葉使いがなっていなかったので説教をし、一時間以上泣いていた娘を放置して勉強を進め、その間娘はまったく無視され授業に参加させず、こともあろうに罵声まであびていたそうです。

娘はどちらかと言うと消極的でおとなしいタイプなので、恐怖を覚え、講師の顔も見れないほど怯えてしまい、とうとう退塾する運びになりました。

しかもその講師は塾の室長でした・・・・

中学受験のモチベーションは、下がりつつある中でも受験はしたいと言っている娘・・・・

別の塾を探していますが、こんな形で退塾したため、私自身神経質になってしまいどうしたらいいか分かりません。

親が指導するにしても限界が有ると思っています。

こんな講師は他にもたくさんいるのでしょうか?

お子さんの「言葉遣いがなっていない」というのが、どういうものかはここでは詳しくわかりませんが、我が子のありようについてはご自身が十分吟味された上での相談なのでしょう。

実際、塾の先生の驚く行動についての相談は、ストロングの元にも多く寄せられます。

「こんな先生には、ついていけない!」

と判断して、転塾を検討する。ストロングはこれは当然だと思います。

塾だけでなく、他の習い事でも同じでしょう。指導する人と完全ではなくても、一定の価値観の共有できなければ我が子を預けられないと考えるのはごく普通のことですから。

指導において「怒られる」「叱られる」というのは当たり前にあることで、これらを親は許容できるはずです。

しかし、「怒られる理由」「叱られる理由」、この部分こそが価値観であり、この部分が納得できなければ、転塾したり退塾すればいいと思います。

受験する学校を選ぶときに校風や先輩、授業の見学などをするように塾や習い事でも同じようにして選ぶ時代が来ているんじゃないでしょうかね。

ただ、そんなときに気になってしまうのが、「こんな先生(指導者)、他にもたくさんいるの?」といった心配。

これは正直言って、他にもいて不思議な話ではない!そう考えるべきではないでしょうか。塾や習い事に限らず、学校だって同じことです。

これはもう○○塾という会社の単位でどうとか判断できないんです。また大手塾だから、イイなんてこともない。

○○塾にイイ先生もいれば、そうでない先生もいる。繰り返しますが、我が子を担当する先生一人一人をしっかり見ていくことがこれからの時代は大事だと思います。

会社だって同じでしょう?

会社だって一部上場企業の上司だったら、立派な人格かといえば、必ずしもそうとはいえない。

ヘンな人も一杯いますよ!!

非常識な上司だっている!

人間性を疑いたくなる上司もいる!

だから、次に違うタイプの塾を選んだって、問題のある先生にあたることだって十分考えられるわけです。別に、脅しではありませんからね。

いい先生だっていっぱいいるわけですから(^_^)

ストロングが親の方に言いたいのは、

ただ、いい先生に当たればラッキー!
問題ありの先生だったらドボン・・・

こんな運まかせではダメ!そう言いたいワケです!

まずは、親の対応について。

お子さんの異常に気付き、すぐに先生に事情を聞かれたようです。

言葉使いがなっていなかったので説教をした

と説明を受けた。

そして、お子さんからは

一時間以上泣いていた娘を放置して勉強を進め、その間娘はまったく無視され授業に参加させず、こともあろうに罵声まであびていたそうです。

といった説明を受けたのでしょう。

ホンマ、クソ野郎ですね!本来であれば、別の先生に相談をするところ。しかし、相手は校舎の責任者だった!!

どこに行こうが、大手塾に行こうがイイ先生もいれば、悪い先生もいると言いました。ただ、もし「イイ塾」というのがあるとすれば、それはクレームをきちんと処理してくれる塾と言えるでしょう。

塾の体制にもよりますが、クレームに対して敏感に対応する塾などでは、先生への注意やクラス変更など解決に協力をしてくれるからです。

今回の場合で行けば、通う塾は相手が教室長ですから、もう1つ上に対してクレームを上げる、例えば本社とか。通っていた塾に本社があるのかどうかわかりませんが・・・

塾にとっては、ヘンな先生は排除したいわけで、生徒側に指摘される理由がなければ、先生の変更やクラス替えなどの対応がある場合もあります。

普段は普通のイイ先生と感じられるけど、教室(密室)に入って、教壇に立つと「ヘンな人」になる場合だってあるんです。それは人事や上司ではわからない・・・

問題が明らかになって、クレームが上がってわかる場合だってありますから。

こういう問題が起こって塾に相談する場合に気をつけることは、

告げ口でなく相談をすること

これ、大切です!

ついついわが子のことですから、感情的になるのはわかりますが、引き続き塾で勉強をするのもわが子ですから。ことを荒立てることなく、居心地がよく勉強を頑張らさなければ、意味がありません。

だから、「いったいどういうことですか!」なんていう一方的な口調はやめること。

不本意かもしれませんが、「うちの子にも問題があったのかもしれませんが・・・」といった真意はわからないのでといった困った親を演じることが大切です。

腹わたは煮えくりかえっていてもですよ(^_^)

今回の場合は、この先生自身が校舎責任者で、すでに退塾に至ったということですから、今更こういう話を聞いても意味がないと思うかもしれません。

ただこれからも塾や学校、習い事で同じようなことが起こる可能性はあります。そのときのために頭に入れて置いてもらえればと思います。

また、こういうことが二度と起こらないように考えて行動をこれからしていかなくてはなりません。

二度と同じようなことがないように親は何をすべきか?

特に、子供自身が「消極的でおとなしいタイプ」の親の方についてなんですが、

塾の先生とコミュニケーションをはかる

これは意識してほしいと思います。

この先生とコミュニケーションを取っていたでしょうか?

というのも、塾の先生の心境からいえば、親と常日頃親しく会話する仲だと子供には気を遣うものだからです。

一時間以上泣いていた娘を放置して勉強を進め、その間娘はまったく無視され授業に参加させず、こともあろうに罵声まであびていたそうです。

こういう対応を聞くと、親と先生のコミュニケーションはどうだったのかな?と気になりました。

常日頃親しく口をきく親に対して、こんな「とんでもない」ことをしてたんじゃあ、第一親への説明がつかないでしょう?

授業終了後、先生からの説明ではなく、お子さんの様子を見て異常に気付かれた経緯から考えても、もう少しコニュミケーションが必要だったのかもしれません。

ちょっとこの辺の事情はよくわかりませんけれど・・・

ストロングが言う先生とのコミュニケーションとは、決して先生に媚びることではありません

親が常識的な人間であることを先生自身に認識させることで、子供に対して常識的な態度で接してもらうようプレッシャーをかけるのです(^_^)

「もうそういう時代では・・・」というフレーズは先にも使いましたが、高いお金を払ったから、あとはそっちできちんと面倒を見て下さいよ!もうそういう時代じゃないんじゃないでしょうか?

お金を払っていても、目を光らせ、注意をはらい、観察し、様子を見て、指導者とコミュニケーションに気を遣う。

お金を払って、なおかつ親がそういう手間をかけてでも「指導してほしい」と思う場所に子供を預ける。

少なくとも、ヘンなことしたら親はうるさいよ!というプレッシャーはある程度指導者にかけていかないといけないと思いますよ。

友達でも同じです。家に遊びに来たら、ストロングなんかもいれば顔を出します。

「こんにちは」

「・・・・・」

「キミの名前は? 挨拶できないならウチの家に遊びに来ちゃあいけないよ」

「もう1回言うよ。こんにちは」

「こんにちは」

これって別に嫌がらせをしようと言うんじゃなくて、あくまでも常識の範囲内ですがプレッシャーをかけているということでしょう。

こういうのをやると、ワルが家に寄りつかなくなったりします。「あの家はウルセーから行くのやめようぜ!」とかになって。

これはあくまでもたとえですけれど、そうやって子供の周りについて目を配ってやることがものすごく大事なんじゃないかと思うんです。

子供を過保護に守ろうというのではなく、各家庭で考える「常識」という名のプレッシャーを周りにかけるということです。

この点については、ぜひ次の塾では心がけてみてくださいね。

10の鉄則

成績が上がらない理由を子供のせいにしていたのでは何も解決しません。成績は、親次第で上がりますから!

対象:就学前、小学生、中学生の親

・親にできることは何かを知りたい
・今の問題は何かを知りたい
・成績がイイ子の親が何をしているのか知りたい

成績がイイ子の親だけが実践している!『10の鉄則』の詳細