今回の相談「自信のなさは考えることの邪魔になる」

早速今回の相談を読んでいただいて私のバズーカ砲を受け止めていただきましょうか。

oyawaza0111.jpg

小6 MJさん

今日は。実は先日、塾の保護者会で…

「(娘のいる)クラスで男子はかなり意識が受験に向いてきて成績云々ではなく仕上がってきています。

問題はお嬢さんです。依存心が強く、このままだと彼女だけ置いてきぼりになりますよ!」

と言われてしまいました。

これってどうすればいいのでしょうか?

やはり親の私がダメなんですよね?

依頼心が強いというのは、どうやら、学校でも塾でも一緒の仲のいい子が一番できるので、ちょっと不安だと彼女に確かめたりすることのようです。

娘はのんびりタイプで、あまり人に仕掛けられないタイプ。

そのため、わりと私が先回りしていろいろしてきたのがいけなかったのでしょうか?

親カツの経過報告でなくて申し訳ありませんが、アドバイスをお願いいたします。

MJさん、ありがとうございます。

受験生にとっては、追い込みとなる時期とあって、塾の先生も気合いが入ります。

そんな保護者会で、我が子がうまく波にのれていないと指摘されてしまった。

かなりショックだったと思います。

まあ、叱咤激励にもいろいろありますが、なんでもない一言が子供には効くことがある。

他人の口にはチャックができませんからね。

でも、言われてしまったことはもうあとには返りません。

さあ、そこでどう考えるかですね。

MJさんは自分の責任だと考えたようです。

このあたり、「さすが親カツ生!」と言いたいところですが、ちょっと待ってください。

子供がのんびりタイプなので、親がフォローをしてきた。

このことが、問題なのか!?

もし、親のフォローがなければ、今よりも良くなっていたのか?

指摘されたことを受け止めるのは、すごくいいことです!

ただ、なんでもかんでもすべてとなると、今後の勉強にも影響しますし、第一、親の気分が盛り上がりません。

だから、どう解釈して受け止めるかが大事なってきます。

いったい塾の先生は何を言いたかったのか?

そして、親は何をすべきかを考えていきましょう。

塾の先生は、勉強に対する姿勢を指摘しています。

ここで、注意が必要なのです。

oyawaza142.jpg

塾の先生は、積極的な生徒を評価する傾向にあります。

まあ、これは会社なんかでもそうでしょう?

見た目がイイ感じに見えますからね!

だから、消極的な生徒に対しては、もっと積極的になるようにと求めるものです。

なぜだか、わかりますか?

それは、積極的な姿勢の方が受験に有利だからです。

確かに、極度の緊張感を迎えたときに力を発揮したりしますんで、一理あるわけです。

でも、ストロングは、積極的な姿勢が「プラス」ではあっても、消極的な姿勢が「マイナス」とは言えないと考えています。

子供たちには、いろいろな性格の子がいます。内向的な子だっています。

その子たちには、その子たちなりの合格を勝ち取る方法がある。

いくら積極的であっても、勉強の時間数が足らなければ、合格を勝ち取ることはできません。

一方、自分から考えようとせず、親に頼ってばかりであるが、言われた通りに必要な時間はちゃんと勉強する。

こんな子は、合格します。

そう、姿勢は合格に対して、絶対条件ではないのです。

だから、塾の先生の指摘は、勉強に対する姿勢よりも

合格するだけの勉強をしていませんよ!

と考えべきで、そのことを指摘するために、塾の先生なりの言い方が上記にあったような言い方になったのではないか?

ストロングは、そう受け取るべきだと思います。

直接指摘したいんだけど、いろいろ考えて遠回しの言い方にしたというわけです。

そうなると、ショックを受け、自分を責めている場合じゃないハズです。

MJさんも、もうそれはわかってらっしゃる!!

今回はどうかはわかりませんが、こういう場合、親が「先生にこんなこと言われたよ!」なんてバカ正直に伝えるべきではありません。

先生が、~するともっと良くなると言っていたよ

と伝えればいいのです(^_^)

直接言われっちゃってたら、どうにもならないのですが・・・

すでに合格圏内をキープしている状況にもかかわらず、先生から指摘される場合だってあるかもしれません。

そんなときは、動揺する必要なんてないのです。

ドンと構えていればいいのです。

受験生にとって、今から受験までの期間は、親も子も神経質になります。

これは、塾の先生だって同じです。

なんでもない発言が大きく子供たちに影響を与えることがあります。

これは、良くも悪くもです。

だからこそ、これまでの塾とのコミュニケーションが活きてきます。

親は真意を見極め、場合によっては、子供を守ってやる必要だってあるのです。

MJさんには、すでに

塾には預けはするが、任せはしない。
塾に頼みはするが、あてにはしない。
そういう精神でいきましょうよ!

と伝えました。

いいですね、がんばっていきましょう!

では、最後に、仲のイイ友達が成績が良く、不安なときはその子に頼ってしまうことについて。

仮にそうであっても、自分の考えたこと、思ったことをハッキリ答えられるなら問題ありません。

しかし、そのことで、自分の考えたこと、思ったことを自信もって答えられないのであれば、少し考えなければなりません。

自信のなさは、問題を解く際に、考えることを邪魔してしまうからです。

限られた時間で、解いていかなくてならない入試において、次から次へと余計なものが邪魔してたら、正解するものまで間違ってしまう。

だからこそ、本番の試験会場で「やれることはすべてやった!」と思って臨むことが大事だし、そのために「合格に必要な勉強」をやろうとするわけです。

そして、消極的なお子さんが自信をもって、考えたこと、思ったことを答えるために、親ができること。

それは、

いつもと逆の立場をつくる!

やることはカンタンです!

子供が「先生役」、親が「生徒役」となって勉強するんです。

そうすれば、必然的に頼られるわけですし、自分の意見を伝えないといけません。

普段通り問題を解くのも、先生役となって解くのも、問題を解くことには違いありません。

でも、自分の考えたことを自信もって答える練習になる。

これは、親にできることですよね。

特に消極的なお子さんであれば、家庭で、親にしかできないことでしょう?

ぜひやってください!

くれぐれもダラダラと時間をかけることにだけは注意して!

oyawaza141.jpg

sb_ld_soudan.gif

うれしい報告

ノリ勉、終わったよ報告

小5 かずっこさん

◆明らかに今回の成果と思うことは何ですか?:

ここまでやればテストでもできるんだということが親子でわかったこと。

◆親にとって学ぶべき点はありましたか?:

点数の取れる勉強のやり方を教えることができていなかったこと、自身の勉強経験に基づくやり方が小学生向きでなかったことなど、よくわかりました。

◆お子さんと一緒に勉強するのは楽しかったですか?:

問題ができるようになっていく過程でみせる変化を、感じることができたことは、とてもよかったと思います。

今回、できるようになる勉強の方法の一端を知ることができたと思います。

ついついあれもこれもと欲張ってしまいがちですが、楽しみながら勉強することを会得してもらうように、やらせすぎに注意しながら、進めていきたいと思います。

勉強って、一生続くものですよね。

我が子の学区は、場所柄あまり良い環境ではないため、中学受験をさせる意義は、一緒に頑張っていける友人を得ることのできる環境を与えたいとの思いが強いのです。

私自身、もっともたくさん勉強したのは大学生になってからでしたが、一番精神的に楽な勉強でした。一緒に勉強する仲間がいたからです。

小学校時代は中学受験をする友人がほとんどいない中での勉強で、大学受験も友人のほとんどが附属の大学に行くという環境でしたので、なんとなく後ろめたい気持ちがあったのかもしれません。

今回の勉強の成果かどうかはわかりませんが、週末の公開模試の算数の偏差値が半年ぶりに半分を超え、53でした。

今後も成績が上がった報告ができるように、継続していきます!

期間中、とてもキツイこと、申し上げました。失礼しました。

日々の勉強、1回ごとの勉強を何分で1セットにするかは別にして、1回ごとの勉強をきちんとした姿勢で行うことができると、偏差値55の壁はすぐに破れるのではないでしょうか。

今日親子でやった勉強の成果はこれでした!というものを記述して壁に張ったりしたらいいですね。

親子の勉強時間は短いですから鉄の意志で鬼にとなって3つの約束を死守させなければなりません。子供はできるようにもあり、それが当たり前になる。それを小6までに確立できたらとても楽しみになりますよ。

偏差値60の壁は勉強量と問題の取捨選択があり、もう一山越えなければなりませんが、それは偏差値55以上が2回連続出てから。

頑張ってください。

  • ノリ勉
  • 10の鉄則
  • 中学受験コース
  • 復テ対策講座
  • 30点上げよう会
  • 公開テスト対策講座
  • 親カツ講座(夏まで
コース)
  • 親カツ講座(入
試実践コース)
  • 親技無料公開中!
  • うれしい報告が届きました!