「11月のお話」の記事一覧

こんにちは、ストロング宮迫です。 親技の復テ対策講座や30点上げよう会のメンバーさんには、日々の家庭での勉強においては、問題をコピーして1問ずつ貼り付けるシート「いけドンシート」を使用してもらっています。 なんで、テキストにそのまま書き込んだりしないで、わざわざコピーして問題を貼り付けて撃破していく戦法を採るのか? それでなくても時間がないのに、そんな手間をかける意味があるのか? ...
こんにちは、ストロング宮迫です。 11月が終わり、とうとう12月ですねえ。ついにといいますか、とうとうといいますか、激しい戦いが始まります。 この前、ご注文時にいただいたコメントでこういうのがありました。 中3 Aさん 中学2年で先取りして親カツ講座を受講し、いよいよ受験まで約100日というところまで来てしまいました。 今日までほぼ毎日CDが擦り切れるんじゃないかとい...
こんにちは、ストロング宮迫です。 この時期からは受験生にとって「最後の模試」とかいう「最後の・・・」という言葉がついたものが行われていきます。 先週の祝日がその「最後の・・・」だった方もいることでしょう。その「最後の・・・」でイマイチの結果だと落ち込んでしまう。当然ですよね、最後なんだから。 でもね、その塾の「最後の・・・」から本番まではまだ時間がある。 そうですよね? ...
こんにちは、ストロング宮迫です。 受験生にヒタヒタと入試の足音が聞こえ始めている今日この頃、受験生は必死です。 当然ですな。 泣き叫び、不安に駆られ、それでも今日できることを頑張る! 今日できることしか、今日はできないんだから。 受験生にとっては大きな山場を迎えている時期ですが、実は受験生予備軍にあたる小5生、中2生にとっても、受験生になる前の大きな山場を迎え...
こんにちは、ストロング宮迫です。 この前、あるお母さんから子供の相談のような話を聞いたんですが、話しているうちに「救われるべきは子供ではなく、このお母さんである」ととても強く感じたことがありました。 具体的すぎるのでその内容はここでは書きませんが、河合隼雄先生の著作からそれに該当すると思われる箇所を引用して皆さんの考える材料にしていただきたいと思います。 あなたの子供がどうか...
1 2 3 4 5 6 9