中学受験の親技
マスコミ掲載実績

小学4年生は中学受験を目指す子供たちであれば、多くの塾で受験に向けたカリキュラムがスタートする学年です。今までの学校の勉強では問題なく進んできた子供たちの中にも塾の勉強ではレベルについていけず、落ちこぼれてしまうケースがあります。そんな小学4年生のお母さんから届いた相談をもとに解決策を考えてみましょう。親技公式サイトでは、初級から上級までの成績を上げるテクニックを多数紹介していますので参考にしていただければ幸いです。

親技公式サイト

スパルタ教育を行うことには抵抗がある!?

小4の息子は、今年の3月から地元の進学塾に通っています。毎回テストがあり、宿題の範囲から出題されるので、宿題さえ完璧にすればかなりの高得点は狙えます。

4年生の間は、水曜日と土曜日の週に2日だけなのですがこの宿題の量がとんでもなく多く、内容もかなり先のことをやっています。

そのため宿題をするときは、親がついていなければいけない状態ですが、共働きのため、毎日 夜遅くまでかかってしまいます。

勉強は、私が見ることが多く、甘えがある上に、『楽しく勉強をしたい。』『こんなことも知っておいて欲しい』と思い、さらに時間が遅くなります。遅い時間でも息子はとても楽しそうに勉強に取り組んでいるのですが、テストの点は、思うほど良くありません。

主人が見るときは、自他共に認めるスパルタで、息子は罵倒されながら、一度だけですがたたかれて血を流したこともあり泣きながらやっていることがよくあります。

ただ、「ここだけ しっかりやれ!」と山を張って合理的に行い、テストの点は、主人が見ていたときのほうが確実に良いです。

テストの結果が悪ければ、息子は主人にひどく叱られ特に凡ミスが多いので、その部分を徹底的に攻め立てます。

これから科目数も増え、学年があがれば日数も増えるので、宿題の量も勉強の内容も増えることになります。これからも私が見ることが多くなると思うのですが、今のやり方では限界があると思います。

主人のようにスパルタ教育を行うことには抵抗があります。

一体どうすれば良いのでしょうか?

続きを読む

子供に注意をする際のタイミング

今回は、親が子供に注意をする際の「注意のタイミング」について考えみたいと思います。

うちの場合、どうだろう?

なんて考えながら、読み進めてくださいね(^_^)

私のもとには、毎日のように親のみなさんからこういった相談が届きます。

「やる気がなく、ダラダラやる」

「姿勢が悪い」

「途中の式を省略してしまう」

「よくミスをする」

えっ、あてはまるのがありました!?

いずれも、成績が上がるのをジャマするものばかり。

だから、親は子供に注意をする。確かに、それは親の役目。

続きを読む

小5、小6と学年が上がれば、理解できるようになる!?

小4男児のことについて質問します。

息子は塾へ通っているのですが、先日、塾で四角形の面積の勉強をしました。

基本的な面積は求められるのですが、複雑な形の四角形(四角形がいくつか合わさっていて、区切りながら計算していくようなもの)の面積の求め方がイマイチ分かっていない様子だったので、塾の先生に

「息子は複雑な面積の求め方が分かっていないので、次回もう一度演習をお願いします。」

と言ったところ、

「小5、小6と面積の問題は出てくるので、だんだんわかるようになります。」

と先生に言われました。

そこで質問なのですが、今分かっていないのに、年齢が上がれば分かるようになるものなのでしょうか?

教えて下さい。

続きを読む

管理人の紹介

子供の頑張りはそのままで、今より成績を上げる方法があるのをご存知ですか?親のみなさんに是非知っておいて欲しいことがあります。それは、親が変われば、子供も変わるという厳然たる事実。その当たり前で厳然たる事実を知っていただくべく、私たちは、子供たちの成績を上げることを目的とした親の会を主宰しております。毎週2回、無料メールマガジンも発行中!

親技公式サイト

 
スパルタ教育を行うことには抵抗がある!?
 
子供に注意をする際のタイミング
 
小5、小6と学年が上がれば、理解できるようになる!?
 
子供は宿題をやったと言っていましたが・・・
 
どこまで塾に強気に出ていいものか、迷っている!?
 
教材はなんでもイイの!?
 
早生まれは不利!?