30点上げよう会メンバー専用ページ

新着記事一覧

「全部やらないムシ」の退治

テストの直前で、授業が急に進み、試験範囲が予想以上に広がったりするときに現れます。 先生にもよりますが、毎回テスト前になると進むペースが速くなることがよくあります。 全部の範囲の勉強ができない もうこの時点で結果も決まったようなもので、手遅れです。 そうならないために、授業の進度に合わせて勉強を進めていくこと。 いけドン法では、授業が終った範囲で「この問題だけは解けるように」といった問題...

「範囲を知らないムシ」の退治

テスト範囲をよく知らずにテストに臨む。 考えただけで、ゾッとしますね。 まったく知らないといった状況でなくても、「このあたりを出題するぞ」といった情報を聞いているのといないのでは大きな違いです。 定期テストでは、こういった些細な情報だって入手する必要があるのです。 もし、うちの子はテスト範囲に詳しくないと思えるなら、「範囲を知らないムシ」を疑うべきです。 この「範囲を知らないムシ」の退治...

次回テストに向けて

さて、次回のテストに向けての課題が決まりました。 A問題の正答率100%をめざす B問題の正答率80%以上をめざす ですね。 この課題を達成すれば、点数アップできるということは、ABCテスト分析からもわかったと思います。 中には、たとえ課題が達成できても「30点アップは無理」という方がいらっしゃるかもしれませんが、あせる必要はありません。 まず、目指すべきは 努力を最小限に抑えて、点...

4つのタチの悪いムシ

テストに向けて、親がすべきこと。 それは、子供も気付いていないある「タチの悪いムシ」を退治してやること。 このムシを退治することで、勉強時間を今まで通りで点数を上げることができます。 では、これらのムシを「いけドン法」を使ってどうやって退治していくかを説明しましょう。みなさんも、一緒になって考えてもらうために、まずは4つのムシを確認しておきます。 まず、1つめ。 「範囲を知らないム...

どうしても2教科やりたい!

会員のみなさんから、 1教科に絞りきれない といった相談が多く寄せられてきました。 特に、2学期制の方などでしたら、 6月のテストの次は、9月になってしまうそうです。 そういった事情も踏まえて、条件つきですが、2教科を同時に 勉強することを認めたいと思います。 その条件とは、 最初に約束した時間を2倍にすること どういうことはわかりますか? 最初は、数学を親の指示通りに勉強すると決めたとします...

「絞れ」に迷い、暗記科目をどうしましょう??

中2  ストロング様質問です。 1つの教科に絞ること。今、これで迷っています。 数学・英語はそこそこ(50点満点中40点位) 取れるようになりました。 しかし、まだ完璧ではなく、繰り返しやらなければすぐに 点はさがります。でも、2教科以外に、特に上げたいのが 社会なんです。暗記系は不得意な息子。 でもいけドン法ではどうやったらいいんでしょうか?  問題を解く前にまず暗記だと思うのです。 これは...

ビデオ(DVD)、観てくれました?

ストロング主演の濃~いビデオ(DVD)、大変お疲れ様でした。 生のストロングは、いかがでしたか? えっ、暑苦しいって!? ・・・・言葉もありません(>_<) でも、成績を上げることには真剣ですからね(^_^) ビデオ(DVD)では「いけドン法」って何?ということをあれこれと説明しました。 そして、親がこんなことするのか?という大体のイメージも掴めたと思います。 また、随所に「いけドン...

分析にとりかかる前に

教科が決まりましたら、いよいよいけドン法をどう駆使するか。 駆使するために大事なのは、 「ABCレベル問題の見極め」 です。あとは、 「ABCテスト分析」と「問題点の把握」 「いけドン法」は、ビデオ(DVD)でもご覧いただいたように、 「テスト分析」の結果をもとに、今後の勉強のやり方を決めていきます。 その「テスト分析」をするために必要なのが、 ABCレベル問題の見極め です。 ...

今回のテストの難易度は?

いろいろと数字が出てきますが、ここまでは大丈夫ですか? 最初は違和感があるかもしれませんが、慣れてくればササッと扱えるようになりますので、頑張っていきましょうね! まず、確認しておきたいのは、 今回のテストは何点満点だったか? これは、さきほどの(2)の数字を使い、「A問題」と「B問題」の合計を計算します。 【例】 Aレベル問題 → 10問・40点 Bレベル問題 →  8問・40点 ...

これまでの課題を見つける

次に、テストの正答率を見てみましょう。 (4)にある例ですと、 【例】 Aレベル問題 → 7÷10×100=70% Bレベル問題 → 4÷8×100=50% Cレベル問題 → 0% となりました。 ビデオ(DVD)でも話をしていますが、 A問題の正答率 → 100% B問題の正答率 →  80% が最終的な目標になります。 A問題70%、B問題50%の結果ですと、目標までまだ...