高校受験の親技
マスコミ掲載実績

中学1年生になって中学の勉強に戸惑いを感じる子が少なくありません。部活もはじまり勉強との両立に苦戦する子もいます。高校受験まであと3年もあるといった気の緩む学年だからこそ短期集中の勉強、点数につながる勉強法を身につけて欲しいものです。そんな中学1年生のお母さんから届いた相談をもとに解決策を考えてみましょう。親技公式サイトでは、初級から上級までの成績を上げるテクニックを多数紹介していますので参考にしていただければ幸いです。

親技公式サイト

1ヶ月前、娘の中学受験が終了しました!?

1ヶ月前、娘の中学受験が終了しました。

受験直前の12月には、電話で相談に乗っていただき有難うございました。結局、第一志望に合格することはできず、第二志望校に進学することになりました。

今、振り返ってみますと、第一志望校に合格させるには、親としての認識が甘かったと反省しています。

第一志望校は県内一の難関中学ですから、たとえ模試の成績が良くても、本番では何がおきるかわかりません。そのために、親は低学年から勉強させ、土・日もお弁当を持たせて塾へ送り出し、念には念を入れて、受験直前には1ヶ月学校を休ませる・・・

それくらいの意気込み、受験生の親としての自覚がないと、「合格」は勝ち取れないのだということが、受験を終えてようやくわかりました。(すでに遅しですが)

ただ、私は一貫して「子供に無理はさせたくない」と思ってきました。第一志望校はナンバー・ワンというステータスだけでなく、学校説明会で話を聞いていても、確かに魅力のある学校です。

ここなら安心して子供を預けられると、誰もが思うでしょう。子供が受験する気になったのも、「この学校に入りたい!」と思ったのも、学校説明会ですばらしいお話を伺ったからでした。

しかし、実際は、ズバ抜けた成績の子が集まるので、入学後も子供たちの間からは競争意識が抜けず、進学指導のない学校に勉強面では頼れないと、放課後は足早に塾へ向かう生徒が多いこと。(中1から塾代がかかるのは必至)

続きを読む

トップになるために必要なものは?

中学受験で第1、第2希望ともにダメで滑り止め校へ進学しました。

私自身は校風を気にっていた学校でしたが、子供の落ち込みはかなりのものでした。

おまけに父親が一緒に落ち込んでしまって子供の気持ちの切り替えの足を引っ張る始末。

そこで、新しい出発をきるために大学受験への早めのスタートと子供一人で勉強できるようにするためにあちこち情報を集めていた頃にこちらのサイトを知りました。

もっと早く知っていたらなあと思いましたが、今後に生かすことにしました。

幸いにも落ち込んでいた子供に自信を持たせることができ、中学1年は、毎学期成績が上がっていきました。

200人中30番以内ぐらいの状況です。

ここでクリアしなければ問題がでてきました。

続きを読む

夏休みの使い方、その勉強法

今回は、「夏休みの使い方」について夏休みの宿題から見えてくる「親のかかわり方」について書きます。

少し気が早いですが、特に、休み明けに宿題を範囲にした課題テストがあるなど、夏の勉強の成果が問われることを前提にした勉強のやり方についての話になります。

夏休みに決まって聞かれる会話、

「学校の宿題は、もう済んだ?」

私だって、ついつい聞いてしまいます。

ただ、私の場合、聞くのは、子供ではなく、親の方々ですけどね。

「宿題は、予定通りに進んでいますか?」

さて、皆さんはこう聞かれて何とお答えになるか?

圧倒的に多い答えは、これです。

いや~、なかなか予定通りに進まなくて...

実は、この質問で私が確かめることは、2つあります。

続きを読む

管理人の紹介

子供の頑張りはそのままで、今より成績を上げる方法があるのをご存知ですか?親のみなさんに是非知っておいて欲しいことがあります。それは、親が変われば、子供も変わるという厳然たる事実。その当たり前で厳然たる事実を知っていただくべく、私たちは、子供たちの成績を上げることを目的とした親の会を主宰しております。毎週2回、無料メールマガジンも発行中!

親技公式サイト

 
1ヶ月前、娘の中学受験が終了しました!?
 
トップになるために必要なものは?
 
夏休みの使い方、その勉強法
 
子供を注意のタイミング
 
「オススメの問題集を教えて!」