小6(受験生)の勉強悩み相談Q&A

こんにちは、ストロング宮迫です。

西日本はほとんど中学受験が終わり、本日からは東京組が出撃しました。

長くて短い受験がこの1週間また始まりました。

すでに終了した受験組の方から連日たくさんの結果報告をいただいています。

受験結果の報告で喜びの報告はいいんですが、悔しい報告は読むほうもなかなかしんどいものです。

まあ、しんどいといっても、ご本人が一番しんどいんですけどね。

結果が出ると、本当の意味での「今回の受験」を考えることになります。

特に悔しい結果が出た時には、まず落ち込み、どうにもしようのない感情の爆発があることでしょう。

「受験はゴールではない」そう思っていても、スパッと割り切れない感情が長く残ります。

先日、一人の受験を終えた親の方と直接いろいろとお話しました。

涙が枯れるほど泣いたら、また頑張ってほしいと思います。

子供たちに言ってきた「カンタンに諦める!」「チャレンジしろ!」その言葉を思い出してほしい。そう思います。

NHK「プロフェッショナル仕事の流儀騎手・武豊」で武豊さんが言っていました。

一流の騎手でも勝率は2割ほど。ほとんどのレースで負けるのが競馬。

いちいちレース後ガクッとなってたら騎手に向いていない。18頭なら17人負けるしね。一人しか勝てないから。

その圧倒的に多い負けを無駄にしない人が人よりちょっと勝てる。

と。

確かに競馬と受験は違うでしょう。

毎週レースがある競馬と3年に1回の受験は違うだろ!?というご意見もあると思います。

でも、勝負事の本質は同じだとストロングは思うのです。

負けを無駄にしない人が人よりちょっと勝てる。

あなたが費やしてきたこの3年なり、2年なりの年月・時間は決して無駄ではなかったのです。

受験は「試験や発表が終わって終わり」ではなく、そこに意味を持たせてやれるかどうかまでが親の仕事。

そう思ってやっていきませんか?

時間が経過したのち、「あのときあれがあったからこそ今は・・・」誰もがそう言える資格があります。

「時間の経過したのちに・・・」ということは、まだ勝負は終わっていないということでしょう?

『10の鉄則』の感想でこういうのをいただきました。

中2 こんどこそ~さん

感想がすっかり遅くなってしまいました。何度か書いては消しての繰り返しで自分の中でまとまりがつか
なかったせいであります。

息子の中学受験時、わたしは塾へ行かせているから~と安心し、やらないと怒鳴り散らし、まともに子供と向き合っていませんでした。

今の子供の様子はまさに親の怠慢の結果であり、今度こそ後悔しない受験をしていこうと思いました。

中学に入り、親技を知り、今回「10の鉄則」を購入して、息子には合格したからと選択した学校に進ませ、1年間悩ませ、公立への転校を決意させ、そして今また、高校受験を選択させてしまったことをとても申し訳なく思っています。

だめな自分、言い訳ばかりの自分に気づかされました。

中学受験の失敗(合不ではなく、結果としての失敗)で一番成長していたのは実は息子であったと気づきました。

塾も公文もドリルも欠かさずやっているのはわたしの声かけではなく、本人の危機感からでした。

「この点数だと、また○○みたいな学校にしか受からない?」と不安げに聞く息子と一緒にあるいていくのは、他でもないわたしであると自覚いたしました(けっして○○学校を批判しているのではありません。ただ、あまりに本人にとって辛い経験であったため、このようない言い方になってしまいます)。

息子の心はとても傷ついてしまい、カウンセリングに通った時期もありました。ようやく前を向いた彼を、私がささえてやらなければ、いったい誰が支えるのか。

どんなに仕事で遅くなっても(そもそも、遅くならないようにしっかり管理して早く帰ろう!)鉄則は、一番にすべきことだと気づきました。

これまで何度も繰り返し書いてきましたが、ストロング自身は受験に対してイイ思い出がありません。

いつも負けだったというか、負けっぱなし。

「死んじゃったほうがいいんじゃないか!?」

あまりにも惨敗すぎてそう思ったこともありました。

そんなストロングが今日楽しく生きていられるのは、惨敗したのちでも、温かい言葉で励まし、言葉だけでなく行動でも受け入れてくれたおふくろのお陰であります。

「精一杯やったんだから、堂々と帰っておいで!」

実際に生きて帰ってきて、しばらく後に「精一杯やったかなあ?」と自問自答したのでした。

帰ってくれば再起ができる。子供にはどうであれ帰ってくる場所がいります。

今まで親子でともに歩んできたんです。精一杯のやせ我慢をして笑顔で迎え入れてあげてください。

こんどこそ~さん、自分をあまり責めず、楽しく参りましょう。ファイト!