中1の勉強悩み相談Q&A

中学受験で第1、第2希望ともにダメで滑り止め校へ進学しました。

私自身は校風を気にっていた学校でしたが、子供の落ち込みはかなりのものでした。

おまけに父親が一緒に落ち込んでしまって子供の気持ちの切り替えの足を引っ張る始末。

そこで、新しい出発をきるために大学受験への早めのスタートと子供一人で勉強できるようにするためにあちこち情報を集めていた頃にこちらのサイトを知りました。

もっと早く知っていたらなあと思いましたが、今後に生かすことにしました。

幸いにも落ち込んでいた子供に自信を持たせることができ、中学1年は、毎学期成績が上がっていきました。

200人中30番以内ぐらいの状況です。

ここでクリアしなければ問題がでてきました。

基本的に学校の授業の復習に重点を置いた勉強をしてきました。

しかし、トップになるためには何か足りないと親子ともども感じているのですが、中だるみの気持ちもありどうしたらいいか打開できずにいます。

どうかご助言をお願いいたします。

中学受験に失敗して、かなり落ち込んでしまったお子さん。

でも、落ち込んでいた子供に自信を持たせ、成績をドンドンと上げてきたと。

そして、今では200人中30番以内ぐらい。

すばらしいですね。

ストロング、心から拍手を贈ります(^▽^)   

これまで何度かお話していますが、受験後の子供は、4つの道のいずれかをたどると書きました。

4つの道とは、すなわち、

1)合格に気をよくして、その後も成長する 

2)合格で油断して、その後の成長が止まる 

3)不合格して、その後の成長も止まる 

4)不合格して、その後に成長する

今回の相談者さんの場合、受験結果は、残念ながら不合格だったわけですが、その後に成長するという 4)の道を進んでいるわけですね。

口で言うのは簡単ですが、この 4)の道こそはもっとも少数派で、もっと難しいといっても過言ではないでしょう。

ですから、相当頑張っていることがわかります。

そして、今の悩みは

トップになるためには何か足りないと親子ともども感じているのですが、中だるみの気持ちもありどうしたらいいか打開できずにいる

とのこと。

ハードルの高い良い道に進んだものの、「中だるみ」が出てきた。

相談者さんが恐れるように、中だるみが定着すれば、成長は止まってしまいます(>_<)

まさに、親にとっては「フンバリどころ」。

さて、中だるみした我が子に親は何ができるか?

子供の習性を踏まえて、考えてみましょう。

まずは、これを見てください。


☆☆
■■■
■■■■
■■■■
■■■
■■

ピンときた方もいると思いますが、そう、これは「テストの総合点の分布図」です。

よく学校でも配られたりしますよね。

上が高得点の連中で、人数も少ない。真ん中は、平均点ぐらいなので、人数も多い。

お子さんは、30位付近ですから「☆☆」のあたりと考えられます。

実は、この分布図の位置こそ、Poteさんのお子さんにとって武器となるのです。

なぜだか、わかりますよね?

だって、この位置なら「やる気が出る」条件が揃っているから。

条件とは何か?

ここでは2つ挙げておきますね。

まず、1つ目は30位である現在はなかなかイイ線いってる。

さらにいいのは、毎学期成績が上がってきた上での30位ですから追い風です。

子供も自分はそこそこいけているという気持ちも持っているでしょう。

こういうと、すぐ「ウチは滑り止めですから、カンタンなんです!」なんていう答えが返ってきたりするのですが、とんでもない。

どこに入ろうが、そこで上位の成績を維持するというのは、やっぱり大変なんです。

第一、なかなか「一番」を取ることって難しいでしょ?

ぜひ親の頑張りはともかく子供の頑張りは認めてあげてほしいと思います。

話を戻します。

今回の場合、今付けている位置から「動機」もあり、頑張れる、張り合いのある位置にもいる。

しかし、一方でもう1つ、「まだ上の連中」が確かに存在する。

つまり、

現状の成績に納得できて、次の目標もハッキリしている

これが、「やる気が出る」条件なのです。

よく頭に入れておいて下さいね!

一方、中だるみの状態はどうか?

それは、こんな状態なのです(◎_◎)

☆☆☆
■■■■■■■
■■■■■■■
■■■

意味わかります?

そう、頭の中にある分布図がおおまかになっている!

自分の現在地を一番上の「☆☆☆」に入れてしまうわけですね。

つまり、「中だるみ」の状態とは、こういうふうにアバウトに、自分の都合のイイように解釈しはじめることで起こるわけです。

「まあ、こんなもんでいいでしょ!」ってね(>_<)

だから、そんなときは、頭の中に最初の分布図を叩き込む作業をしてやらないといけません。

言葉で言えば、「上には上がいるからね!と。

えっ、うちの子はそれでも満足してしまうって!?


□□
□□□■
□□□□☆☆
□□□□■■■
□□□■■■■
□□■■■■
□■■■
■■

なんだか、「白い□」が登場して順位も下がってますね。

???ですか??

この新たに付け加えた「白い□」は、すなわち「見えないライバル」です(^_^)

そう、不合格になった学校の連中を付け加えると、こんな感じになるはずです。

現在、お子さんは、上位15%ぐらい(200人中30位)の所までは、頑張れることが証明されているわけですから、こうなれば、まだまだやれるハズです。

「こいつらには、負けられないぞ!」を合言葉に、日々の勉強を更に強化する。

中だるみが出たときは、今立っている位置の把握がアバウトになっているのではないかと疑ってみる。

そして、今の位置をより細分化して、具体的に把握したら、「見えないライバルたち」も組み込んで、今よりも大きい視点で自分のいる位置を考える。

これが基本です。

たとえば、塾の模試を受けてみる。塾の模試を受けなくても、私立の中学校なんかだと、学校自体で定期的に模試をやったりしています。

その際、学校内での偏差値と模試の受験者の偏差値の両方が出ます。

先日も、ある子供の成績表を見たんですが、学校内の偏差値と模試全体の偏差値が10以上開いていたわけです。

つまり学校内の偏差値は63なのに、模試全体でいうと偏差値52。

その子供が受けた模試は全国の私立の中学校が参加している模試でしたので、問題も私立のカリキュラムに沿ったもので難易度は高かった。

学校内では上位でも、「見えないライバル」は、うようよいることが明らかなわけです。

このように模試などを受けることで「今いる位置を明確」にすることは、またその状況を子供に数値として伝えることは大事なことです。

また、親によっては、子供が不合格だった学校の連中がいる塾なんかに子供を通わせたりする方もいますが、それは、「中だるみ」を食い止め、モチベーションをさらにあげていくための1つの作戦なんですね。

えっ、やってみたけど、「こいつらには、負けられないぞ!」なんて子供は言わなかったですって!??

おかしいですね。そんなはずはないはずなんですが・・・・・

おっと、1つ確認下さい。

今まで書いてきたことを実践する際に、忘れてはならないことがありますぞ!

これを忘れると、親の「中だるみ」追放作戦に子供がウンともスンとも言いません。

忘れてはならないこととは、

今の自分は、なかなかイイ線いっている!!

このことを子供にシッカリ伝えることです。

受験に落ちたときに、お子さんは、分布図でいえば、


□□
□□□■
□□□■■
□□□□■■■
□□□■■■■
□□■■■■
□■■◎
■■

◎の位置だったはずです。だから残念ながらダメだった。

でも、今は違うのです。

学校では、


☆☆
■■■
■■■■
■■■■
■■■
■■

☆☆の位置だし、「見えないライバルたち」を入れても、


□□
□□□■
□□□□☆☆
□□□□■■■
□□□■■■■
□□■■■■
□■■■
■■

☆☆の位置にいる。

もう受験したときの子供とはワケが違うし、明らかに「レベルの上がった」子供になっているということ。

このことをキッチリ子供に教え、自覚させてやることがものすごく大事なわけです。もちろん、それは親の役目。

親にとっては、常に子供の「今のいる位置」ということばかりが優先されますが、「以前の子供」「過去の子供」を振り返ってみれば、随分遠くまで頑張ってきたと思えることも多々あるはずです。

忘れてはならない

今の自分は、なかなかイイ線いっている!!

とは、まさにそこなんですね。

いつもいつも振り返ってばかりはいられませんが、成績が上がった後にくる「中だるみ」の場合は、ぜひ一体どの地点からガンバってきたのだろう?と親子でぜひ振り返ってみてください。

それは、子供に自信を持たせることになるはずです。

落ち込んだ状態から這い上がってきて、今の状態までにするには、決して並大抵の努力ではなかったわけですから。それをやると、必ず起こる現象があります。

それは、子供自身が「ここまでやってきた!」「今で満足してはいけない!」「過去の自分とは違うんだ!」

というニュアンスの言葉を吐き始めます。

そして、自分がたたき出した実績に自信を持った子供たちは、自分に対して厳しくなります。

成績を上げたあとで「中だるみ」になった今こそ子供に自覚を持たせるチャンスが来たわけですね。

トップになるということは、それらを実践して、勉強を確実にこなして乗り越えた者だけが得られるもの。

お子さんの頭の中に、どんな「分布図」を描かせているか?

そこには受験とはまた違った困難な道があるように思うでしょうが、それは実は受験の時と全く同じ、「今の自分」からいかに上を目指すかの道です。

クリアしない限り、同じ問題&課題が姿や形を変えて再び目の前に現れます。

今こそ受験の頃を振り返るイイ機会なのかもしれませんね。

答えは「うまくいかなかった受験の頃」にきっとある。

それを「オレは今いけてる!」という気持ちの時に振り返られれば、また時間の経過で違う角度から見ることができれば・・・・

うまくいかなかった「受験」も意味があった!

そう思えるはずです! 頑張ってください!