oyawaza047.jpg

こんにちは、ストロング宮迫です。

いよいよ新学期の始まりですね。今年度も昨年同様、皆さんからのうれしい報告をたくさんいただけると光栄です。

うれしい報告が続々と・・・

さて、新学期を前に「ついにスマホを手に入れた!」子供たちもきっと多いことでしょう。なので、そういう子供たちに関する気になるニュースを1つ紹介しましょう。


スマホ無料通話アプリの利用が多いほど学力が低下
財経新聞

学習意欲の科学的研究に関するプロジェクト(仙台市教育委員会、東北大学)は、LINE等の無料通信アプリを長時間使用している子供ほど、学力が低いことを明らかにした。

仙台市標準学力検査の中学生の数学の平均点と平日1日あたりの通信アプリの使用時間との関係を調査したところ、

「平日に30分未満しか勉強しない」生徒の場合、通信アプリを使わない生徒の数学の平均点は約61点であるのに対して、3時間以上使う生徒の数学の平均点は50点以下になっていることが分かった。

また、平日1日あたりの通信アプリの使用時間の長さは、勉強時間や睡眠時間を介した影響力よりも圧倒的に強く、直接的に成績を下げる方向に作用している(勉強時間や睡眠時間が少なくるために成績が落ちるのではない)恐れがあるという。

同プロジェクトでは、スマホや携帯の使用時間は1日1時間以内にすることや、勉強中や睡眠中はスマホや携帯の電源OFFするといった家庭でのルール作りを提言している。

平日に30分未満しか勉強しない生徒のうち、通信アプリを「3時間以上使う生徒の数学の平均点は50点以下」・・・

まあ、当然といえば当然ですなあ。

おもしろいのは、

「平日に30分未満しか勉強しない」生徒の場合、通信アプリを使わない生徒の数学の平均点は約61点

勉強もしないけれど、通信アプリを使わない生徒の平均点は約61点!

こうした結果から「通信アプリの使用時間の長さは、勉強時間や睡眠時間を介した影響力よりも圧倒的に強く、直接的に成績を下げる方向に作用」しているという結論を出しているのでしょう。

この春休みに新中3になる娘が「LINEやってもいい?」と言ってきました。ついに来ましたな、この瞬間。

ボクは「いいよ」って言いました。だってやりたいんだからさ。ボクは禁止っていうより、どううまく付き合うかってほうを選ぶ

ただねえ、スマホは持ってない我が娘・・・どうするつもりなんだろ!?

「父さんのでやってもイイ?」

ああ、そういうことかあ。ボクのLINEはタイガー山中と家族だけがたまに使うっていう全然有効利用されていない形になっていて、死んでいるのも同然です。

LINEには、ときどき一人暮らしの大学生の長男から

「SOS!マネーピンチ、救援されたし。物資の援助も歓迎する!」

なんていうふざけたコメントがあるくらい・・・

もちろんこんなコメントに対しては「既読スルー」なんていうのは当たり前で、返信しても

「ただいま多忙および他への救援に忙しいため貴殿の救援は困難。了解されたし。自力で脱出されることを希望する。健闘を祈る!」

くらいですな。

かくしてボクのアカウントを使って父子兼用のLINEが始まったのでした。

ボクの携帯なので娘はスマホを学校等に持っていくことは当然できないので、娘のLINEのやり取りは自然と夜、家に帰ってからとなります。

そして、LINEでの招待なんかをして即座に12人の「精鋭ども」が登録されたのでした。これまで1ヶ月に一度くらいしか使っていなかったLINEはこの時から凄まじい勢いでなり始めたのでした。

b4 (8).png

というのも、ボクはLINEをパソコンと同期していて、スマホではなくパソコンで使っていたんですが、着信があるたびに「チャリン」って音がなって知らせてくれる形になっています。

その着信音の「チャリン」がLINE開始早々鳴りまくる!「チャ、チャ、チャ、チャリン」ってなもんです。恐るべし!LINE開始当日は深夜まで鳴りつづけていました。

ということで中学生のLINEの使用の仕方をこの2週間ほど目の当たりにしたんですが、とにかくこの「精鋭ども」はクイックレスポンスです。「即座に」では伝えきれないくらい「はえぇ~」のよ。

さすがにどういうコメントを送ってきているのかを見るのは憚られたので内容は見ていませんが、最初、LINEのやり方がわからなかった娘に「ここはスタンプだな。これがオススメ」なんて教えながらやっていたので最初は見てたんですな。

そのやり取りは、実にくだらない・・・っていうのが正直な感想です。

「よしこです。よしこです。よしこです。大切なことなので3回繰り返しました」とかね。

わかってんのかなあ、父子兼用ってこと・・・

まあ、それ以外でもテレビ見ている感想とか、オススメのyoutubeのリンクとか画像の送信とかね。学校の休憩時間の延長って感じかなあ。

先に紹介した

「平日に30分未満しか勉強しない」生徒の場合、通信アプリを・・・3時間以上使う生徒の数学の平均点は50点以下になっていることが分かった。

また、平日1日あたりの通信アプリの使用時間の長さは、勉強時間や睡眠時間を介した影響力よりも圧倒的に強く、直接的に成績を下げる方向に作用している

というのは2時間も一緒に親子でLINE見てたら実感できる。だってずっと打ってるもん!

あれだけ打ってたら、スタンプは欲しくなりますわな。だって同じスタンプばっかりになるからね。

また、ボクが娘に「こうしたらいいよ」って説明している1分くらいの間に来たコメントに返信しなかったら「スルーしたな」「かなしい(ToT)」とか、コメントがないことについてのクイックレスポンスが山のようにくる。

面倒くせぇ~

父子兼用でLINE生活はこれからですが、娘のお友達の12人の「精鋭ども」のうち、一人は3学期の成績が基準を下回ったのでスマホを取り上げられて現在離脱中とか。

LINEなんてなくても生活に別に支障はないけれど、くだらないことに時間を費やせるのが青春と考えるなら、あとはそれをどう付き合うかですね。

うまく付き合えない連中は勉強については確実に脱落していくと思います。

a7 (1).png

そのことについては、ウチの高校生の息子が学校で聞いてきたって話を少し紹介しておきます。たしか「ベネッセの人」って言っていたと思いますが、学校に模試の結果なんかについての説明も兼ねて、高校生にちょっとした講演をしてくれたそうです。

進学に意識を持たせるための機会を学校が作るっていう意味なんでしょうかね。

その時の話で、講演者が「人間は90分程度しか集中が持たない」と言ったそうなんですな。

g6 (14).png

そんでもって「勉強を頑張っているのに成績がイマイチって場合」、以下のようなことが考えられると。

集中できる限度の90分のうち、脳は、最初のそのうち30分はウォーミングアップしてる。30分したら、脳がフル回転する。

しかし、その勉強している最中に、たとえばLINEを見ると、脳がリセットされるというんですな。

つまり、最初の30分はウォーミングアップだから勉強始めて40分後にLINEでもメールでも見るとリセットされ、再び勉強を始めると、それはまたウォーミングアップからになると。

無駄な勉強をしていますよ、勉強しているつもりでしょうが、90分の集中できる勉強時間でウォーミングアップだけを3回繰り返していますよってな話だったらしい。

すなわち、ウォーミングアップから「本・集中」に突入間際、もしくは突入後すぐにリセット、再びウォーミングアップ、リセットを繰り返しているそのことが「勉強を頑張っているのに成績がイマイチ」の原因の1つだと。

以前テレビで、中学生だったっと思いますが、勉強机にスマホがあって勉強している最中でもLINEの着信なんかがあるとそっちを見る、返信、勉強、着信、返信、勉強・・・を繰り返しているのを見たんですが、まさにそれでは、やっている勉強が活きないってことでしょう。

まあ、着信、返信、勉強・・・を小刻みに繰り返していて成績が良くなるわけないのは当然としても、子供の意識としては、ボクは机に座って「ちゃんと」勉強してる!一定時間勉強はしてる!問題も確かに解いている!ってなっている場合も考えられるでしょう。

しかし、成果は上がらない。

n6669632564.jpg

その結論は「ボクには勉強の才能がない。やっても無駄」ってなりえるから、親技では机に座っている勉強の中身を1回吟味してみましょうよって言っているわけですが、自分の部屋にいる子供が勉強のウォーミングアップだけを繰り返しているとすれば、どこかでそれは転換していかないといけないし、子供自身が自分でそこから抜け出ないなら誰かが足抜けさせてやらなければならないでしょう。

いい加減な息子がいい加減に聞いてきた話なので講演者が意図していた内容とはもしかしたら違っているのかもしれません。

でも、こういう話を聞く機会を子供たちが得て、その中の何割かが勉強中はスマホは見ずにやろうと思えるなら、それに越したことはないし、自分のスタイルを考える意味でも、親以外の誰かにこうした話をしてもらう意義が大いにあるでしょう。

考えてみれば、仕事だって、30分刻みでメールチェックや着信音での中断をしていると、仕事の中身が薄くなる、もしくは時間をかけた割には・・・って内容になる可能性は十分あるんじゃないでしょうかね。

問題を1問解いて、LINEに返信して、また1問解いてLINEで返信するなんてことを子供はやっているのか?

多くの子供たちがやっていると思いますなあ。一部の上位層を除いては・・・

あなたのお子さんは大丈夫でしょうか?

sb_ld_soudan.gif
うれしい報告

[30点UP] メンバーさんからの報告

新中3 レインマンさん

ありがとう、サルでも知っている英単語700!サル単、さっそくダウンロードして子供にやらせてみました。そこで驚愕の事実が発覚しました。

中1レベルの単語が半分以上、抜けてました。

こんなにワークもやって、英作文の対策もやって、なんで英語の成績が伸びないんだろうと悩んでいましたが、まさか中1レベルの単語が怪しかったなんて、本人も気が付いてなかったようです。

今、口頭で日本語を言わせてましたが、「1,2年の教科書持ってこい」と持って来させ、「自信がある単語だけライン引け」と引かせました。

その単語をもとにサル単の方にも印をつけ、まずはあやふやな単語をもう一度やり直しさせています。

それが終わったら、まったくわからない単語をやり、春休み中には全部終わらせたいと思います。

サル単語があったから「やらせてみよう」と思えた、やったからここまでできないという現実が私にも本人にも見えてきました。

これが夏休み前後だったら完全にアウトだったでしょう。改めて感謝します。

サル単語と教科書の音読と文法のおさらいを徹底していいスタートを切りたいと思います。

まずはお礼を申し上げます。

今度こそ、いい結果をご報告できるように頑張ります。

学習指導要領に基づいて最低限これだけ知っておいてほしい単語をまとめたら700語。

700語のうち、中1が500語、中2が140語、中3が50語・・・

つまり、中1の基本の英単語500語が漏れてたら、ザルで水を汲むごとく、英語の力が積み上がらない。努力しても成果が出にくい。

中学校における英語と数学はそういう積み上げの科目です。そのザルだった大きな隙間をこの春休みに少しでも埋めておくことが新学期の猛ダッシュの原動力になる。

レインマンさん、サル単、早めに仕上げておいてくださいね。

なぜなら、今度は学習指導要領で例文として挙げられている英文と教科書の基本例文をまとめた「これ知らないとヤバいよ英文358」を近々アップするから。

これを武器に中3の英語の実力テストに立ち向かう。ファイト!!

  • 30点上げよう会
  • 10の鉄則
  • ノリ勉
  • 中学受験コース
  • 復テ対策講座
  • 公開テスト対策講座
  • 親カツ講座(夏まで
コース)
  • 親カツ講座(入
試実践コース)