中学受験の親技
マスコミ掲載実績

小学6年生は中学生への準備期間。中学受験を目指す子にとっては受験学年。受験生にとって夏休みは本当に大切な時間です。苦手教科をいかに克服するか、得意教科をいかに伸ばすかといった受験対策から、志望校の決め方や受験直前のメンタルな相談まで。そんな小学6年生のお母さんから届いた相談をもとに解決策を考えてみましょう。親技公式サイトでは、初級から上級までの成績を上げるテクニックを多数紹介していますので参考にしていただければ幸いです。

親技公式サイト

中途半端な受験は、子供にとって、弊害になる可能性が!?

つい最近このホームページを偶然みつけ、先生方の存在を知りました。(これこそ悲劇です。もっと早く知りたかった)

現在、小6の受験生を抱える母です。

4年から塾の土曜スクールに行き始め、5年から通常クラスに変わり、現在に至ります。

4年のときは復テは平均点より上をとっていましたが、公開は、ぼろぼろ。クラスは常に一番下。

5年になっても、あまり変わらず、なんどか教育相談しも受けましたが、子ども自身の気持ちも危機感なく、なんとなく宿題をする感じ。

私も中学受験をよくわかっておらず、迷いがありつつもそのままになっていました。

塾の先生の「6年になれば子どもは自分から頑張りますよ」ということばを鵜呑みにしていました。

6年の現在、親としてはとてもあせっています。

塾からは、今頃になって電話がかかってきて、復テを直せとか、6月にはなんとか偏差値あげましょう(誰があげてくれるの?私なのね)とか。

5月の公開は、

国語33.1
  
算数37.9
       
理科42.9       

三科平均37.9でした(常にこんな感じです)

パートですが、仕事を持つ身ですから時間も限られております。

いまは横にじっくりついて見るのが2時間くらい。あとは漢字と計算をひとりでしています。

お答え宜しくお願いします。

受験生の息子さんが、どうやら深刻な状況なようです。

すでに相談者さんもお気づきですが、問題は、塾の先生の

「6年になれば子どもは自分から頑張りますよ」

このコメントを信じてしまったことですね。

やる気のない我が子を心配する親に対しての塾の先生の悪気のない?アドバイス↑(>_<)

本当にそうなれば、良かったのですが・・・

最近、テレビでも「中学受験が過熱している」といった特集が組まれていました。

その中で、ある名物塾長が、受験に加熱する親に向けて、

「親があまり子供にかかわるのはダメだ!」

と、一喝するシーンを見たことがあります。

名物塾長なだけに、なんとも説得力があります。

ただ、「親があまり子供にかかわるのはダメ」なら、「塾は、面倒をみてくれるのか?」と問えば、「イエス!」とは言わないはずです。

塾は、「成績が上がる」まで面倒を見るなんて、絶対に言いません。

もちろん、お金をもらっている手前、親のせいにもできません。

となれば、どうしても、「自然にやる気になるのを待ちましょう」とか「受験生になれば、きっと自覚が出てきますから」という放置作戦になってしまう(◎_◎)

いつも、「子供次第」なのです。

そして、もう間に合わないよという時期になって、

塾からは今頃になって電話がかかってきて、復テを直せとか6月にはなんとか偏差値あげましょう(誰があげてくれるの?私なのね)とか。

との連絡がくる。

相談者さんも、「マジで~!?」と思われたことでしょう。

実際にそんな話は、売るほどあるわけですが、私から言えば、塾のせいと言うよりは、やはり親のミスだと思います。

私のメルマガでのそんな口調を感じ取って、相談者さんも

これこそ悲劇です。もっと早く知りたかった

と書かれているのでしょう。

私が知っている「成績がイイ子の親」は、絶対に子供まかせにはしません。

もっと言えば、塾の先生のアドバイスですら、鵜呑みにはしません。誤解しないでほしいのは、塾の先生の言うことを聞かない、または無視しているのではなく、「鵜呑み」にしないということです。

「鵜呑みにして」、いざというとき、子供が全然違う姿になってしまっていては、悔やんでも悔やみきれないですから。

また、「成績がイイ子の親」は、「鵜呑みにない」一方で、塾に、しっかり面倒をみてもらうコツも知っています。

私が今サポートしている親の方々もそうですが、塾としては「ちょっとやっかいなお客さん」なのです(^_^)

そうやって、塾の中でも成績が上がる「一部の生徒」となっていくワケです。

では、相談者さんはどうすべきか?

まずは、時期としては随分遅いですが、今一度、お子さんと「受験」について、じっくり話し合うべきです。

質問の中にも、「中学受験をよくわかっておらず、迷いがありつつ」とありました。

が、もし迷いがあるようであれば、「受験をしない」というのも、選択肢の1つです。

事実上、2年間、お子さんの成績に対して手を打っておらず、それらを今から取り返すべく、すべてを投げ打って、受験勉強に打ち込まなければならないのがこの時期です。

そこに迷いがあっては、親も子も厳しい現実は乗り越えられないと言わざるを得ません。

だから、今一度、お子さんと「受験」について話すべきですし、その中で親の意志というものも再確認すべきでしょう。

そこから、スタートすべきです。

なぜ、そんなにこだわるかといえば、

受験は、合否がハッキリ出る

からです。残酷なくらい明確に出る。だからこそです。

そんなことは百も承知しているといわれるかもしれません。

本当に十分承知されているのかどうか?

私は思います。

全力を尽くさない受験であるならば、しないほうがイイ!

中途半端な受験は、その後の子供にとって、弊害になる可能性があるからです。

少し厳しい言い方になっているかもしれませんが、私の経験から言えば、一定レベル以上の志望校を狙うなら、それくらいの一大決心をするくらいでちょうどいいと思っています。

それくらい決心しても、逃げたり、ダダをこねたりしますし、最初の決心はどこへやら、子供だけでなく、親のほうが根を上げてしまうことも多々ありますから。

でも、親子の受験に対する一大決心や意思統一があるのとないのとでは、同じ現象でも、まったく対処が違ってきますからね。

相談に話を戻します。

先に言いましたお子さんと話をして、「受験をする」というのが固まるのであれば、まずは、範囲の狭いテストに力を入れるべきです。

相談者さんの場合であれば、公開テストではなく、復習テストですね。

ただし、夏休み前には、受験するための必要な全範囲が終了する。その後は、重要単元の総復習、入試演習となっていき、今までのような復テのようなわけにいかないかもしれません。

なので、もし、現時点で、不得意な教科や単元がハッキリしていれば、塾の先生に相談して、お子さんがこなすべき独自のカリキュラム(ノルマ)を組んで、最優先単元から早急につぶしていく。

そうやって今まで不十分になっている「単元」を1つ1つクリアしていくしかありません。

今の段階で一気に範囲の広い公開テストでイイ点数を取ろうとすれば結果が出ずに、お子さんも親もますます苦しくなりますから。おそらく夏期講習では塾がアレコレと講座を勧められるでしょうが、「鵜呑みにせずに」十分注意して講座を選択してください。

朝から晩までただ授業を受け続けて、成績が上がるはずはないということは、相談者さん自身がよくわかっているはずですから。

お子さんに「必要な講座だけしか」選択しない。

それは、お金だって無駄ですが、時間の方がもっと無駄になるからです。

「子供の受験への決意」と「塾の先生を囲い込んでのこれからの作戦」。この2本立て!

でも、その2本立ては、「合格できる」という保証ではなく、それがあって初めて試合=入試に参加する「資格」ができたということです。

いつも言っていますが、

いつからだって「きっとなんとかなる」なんて魔法はありません!

歯を食いしばって頑張っても、入試では「不」と出ることだってあるのです。

与えられた時間はあと7ヶ月! 時間だけは平等です。

日々の生活時間を細かく細かく区切って、それぞれの空いた時間を見つけては、ガンガン勉強を突っ込んでいく。

「ボクの勉強時間は、8時~11時まで!」なんて決まった時間だけでやっていたのでは、ライバルに追いつけないばかりか、差がつくばかりですから。

受験は、夏休み前に半分以上カタがつくんですよ!

管理人の紹介

子供の頑張りはそのままで、今より成績を上げる方法があるのをご存知ですか?親のみなさんに是非知っておいて欲しいことがあります。それは、親が変われば、子供も変わるという厳然たる事実。その当たり前で厳然たる事実を知っていただくべく、私たちは、子供たちの成績を上げることを目的とした親の会を主宰しております。毎週2回、無料メールマガジンも発行中!

親技公式サイト