低学年の勉強悩み相談Q&A

現在、小1小3の娘の母親です。

うちは、今のところ、受験の予定はないのですが、子供の勉強とどうかかわっていくか、と日々苦闘しています。

お聞きしてみたいことがあります。

今年3年生になる長女の教科書や学校の勉強をみていて、わいた疑問なのです。

はたして、学校の勉強だけで、子供たちには十分なのだろうか。

ということです。

それだけでは、先生にはわかりにくですよね。

うちは、主人が、娘たちに描いてる進路というのは、公立小学校中学校、高校、そして大学、もしくは留学。塾は、本人しだいで、親からは与えなくても良い。

私としては、公立小学校中学校、高校、できれば、大学にもすすんでほしい。塾は、必要に応じて。

でも、公立の学校って今、ぜんぜん勉強してる感じがしないんです。

先生のお話でも、最近の塾は4年生から、3年でプログラムされてるっていう話がありました。ということは、来年かあ。と漠然と思ったのです。

もし、小学校の勉強が、まったく足りないなら、うちも塾をさがしてやらなければなりません。

でも、私自身が、その見極めができないでいるのです。

長女は、学校の勉強はできるようで、国語や算数は、だいたい90点くらいは取ってきます。

家でも、私と一緒に3年生のドリルを1週間のうち5日は、30分くらい集中してやっています。

将来、ものすごい高望み(東大とかね)をしないくらいの進路の希望を、学力が全く足りない、というようなあきらめ方をしてほしくないのです。

基礎学力は、ある程度つけさせてやりたい。

私学へいけば、能力はあがるんでしょうか。

遊ぶことも貴重。友達との交流も大切、とおもうと受験はしたくないのが、親としての考えなのです。

公立って、だめなんですか?

お子さんに進んでほしい道があり、青写真はあるけれど、その青写真を実現するための現在地はよくわからない・・・というところでしょうか。

「今の公立の学校の内容って、どうなんでしょう?」と。

この質問は「塾は何年生から行けばいいのか?」といういう質問と同じで、答えも正解もないです。

どうもうこうも公立の学習内容がピッタリの方もいれば、もの足りない方もいるし、一方でついていけない方もいる。

それぞれの今の子供の学力の現状によって、「どうなのか」は千差万別、百人百様じゃないでしょうか。

「もの足りないですねえ!」「ピッタリです!」「厳しくてついていけません!」

全部正解です…(◎_◎)

あとは、お子さんの勉強の様子を観察して、もの足りなければ、もっとやればいいですし、ピッタリで満足なら、それでよし。

相談者さんは、公立ってひと括りで書いていらっしゃいますが、公立でも、今は全国各地でずいぶん違ってきていると思いますよ。

実際、公立の学校でも、先生によっては、学習指導要領の内容を越えて、突っ込んだ内容の授業をしている先生もいます。

その際は、教科書の内容を越えているので、プリントなんかを使っているようですね。

えーーー、これ学校でもらってきたの? というプリント類を見るのも少ないくないですしね。

中には、プリント類を出してしまうと、難しすぎる!教科書に載っていない!なんて父兄からすぐにクレームがあったりするので、黒板に問題を書いてノートにやらせる知恵者の先生もいます。

これならば、クレームはこないでしょう?

つまり、公立といっても、先生によっても随分違うと思います。

さらに、公立の小学校、特に低学年では、あまり目立った動きは多く聞きませんが、中学校などでは、意識の高い先生は、塾に行かなくてもイイくらいの内容をやっているのをちょくちょく目にします。 

もうちょっと話を広げていきますね。

相談者さんの場合であれば、

長女は、学校の勉強はできるようで、国語や算数は、だいたい90点くらいは取ってきます

とのこと。

90点取っていたら、本当に「できる」と言えるんでしょうか?

小学校時代、常に90点以上を取っている子供が中学に入ったら、低空飛行している例はよく目にします。

中学校の先生から「今の小学校の成績評価はまったく当てにならない」と愚痴を聞かされることも多いのです。

相談者さんは、中学受験は考えていないようですから、成績や評価や理解度は塾に行かなければ、学校のテストだけになってしまいますから、その点は注意しておかないと、小学校のときはできていたのに・・・という可能性もありますぞ。

というのも、公立小学校の配点ですと、2問くらい落とすともう90点でしょう。

逆の言い方でいえば、少ない問題数のテストで、2問も落としていると考えることもできますし、現にそう判断して悩んでいる親の方も多くいらっしゃる。

公立の内容はどうなんだろう?と正解のない悩みを考える前に、

なぜ、いつもあと10点を落としてしまうのか?

を考え、100点になるために、何をすべきかを考えてみるほうが有益と思いますよ。

先日、小3生で学校の勉強はいつも100点の子供を見てましたら、こういう問題をやっていました。

掛け算の穴埋め問題です。

   □9□
  × □3
 ————–
  □6□1 
 □5□8
—————- 
 3□5□1

小3であれば、学校ではまだ習っていないわけですが、掛け算の筆算をすでに取り組んでいる方も多いはずです。

断っておきますが、だからといって、今やっていない方が焦る必要はないですよ。

今もっている知識でもっとやることはいくらでもありますから。

どういうことか?

この問題、件の小3生がウンウンうなって考えているわけです。

考えるのはいいんです。

で、ヒント出しながらちょび聞いてみると…(◎_◎)

なにが…(◎_◎)かというと、この問題、見てもらったら分かるとおり、最初に「3の段」の九九で一の位に「1」がくるものを探しますよね。

そう、「3の段」で一の位に「1」がつくのは、「3×7」です。

なので、問題の一番上の右の空欄には、「7」が入ります。

まあ、そんな答えなんかはどうでもいいんです。

それよりこのお子ちゃまは、「3の段」で一の位に「1」がつく九九は?となにかなと考えるときに、

「サンイチガサン、サンニガロク・・・」

と順番に上がって、

「あっ、サンシチニュジュイチね」

とやっていたわけです。

言っていること分ります??

その他の九九も全部順番にやっていって見つけるわけです。

すぐに「3×7=21」が思い浮かばないんですなあ。

もちろん九九はちゃんとできている。

最初はいいんですよ、できなくても。

それに気づけば、九九の中で、すぐに飛べるように練習すればいいわけですから。

でも、今はすぐに「3×7=21」に飛べないわけです。

で、このまま九九はできるけど、一気に飛べないまま、学年が上がるとします。

小3で九九ができる子供で、順番に探す子供と一気に飛べる子供 では、明らかに問題を処理する速度が違いますよね?

学校のテストでは、こういう問題は出ないかもしれません。だから、差が見えにくいのかもしれません。

でも、現実には明らかに問題を処理する力に差があるわけです。

つまり、それが学年が上がったり、中学校になったりしたら、出るわけでしょう。

おかしいなあ、九九はちゃんとできているんだけど・・・

そうじゃなくて、九九を覚えたら、それをいかに使えるかの部分にまで踏み込んでやっているかどうかの違いです。

これなんかが小学校では常にイイ点数を取っていたのに、学年が上がったら、急に通用しなくなったりする一例です。

これは最近目にした例を書いただけで、おそらくいろんな場面で同じことが起こっているはずなのです。

だから、学習指導要領の内容でも、その中にいろんな応用があるというお話です。

じゃあ、これに気づけるのは誰ですか?

といえば、親しかいないでしょう?

カンタンなことをいかに深めて考えていけるか?

先取り学習よりも先にすることがあると常々言っている理由でもあります。

相談者さんにもぜひ目を向けてほしいことです。

ちょっと今回は、新「勉強の常識」というより、ダラダラと知っていることを述べてしまったわけですが、上の学年で通用するってなんだ?と考える際のヒントになれば、うれしいです。

最後に、以前メルマガでもお話ししたことがありますが、現在地点がよくわからないという相談者さんには、

毎日新聞社『大学入試全記録「高校の実力」完全版』

を見ることをオススメします。

別に今年の最新号でなくてもいいんです。去年のでもイイ。

これを見て、今お住まいの地域の学区の進んでほしいと思っている学校の大学実績を見てください。

高校で何番くらいであれば、相談者さんが思っている大学に行けそうか、おおよそ見当がつきます。

それ調べたら、今度は進学予定の中学校で何人くらいがその公立高校に行っているのかを聞いてみる。

そしたら、どれくらいの心つもりでやるのかも、あらかた決まってきます。

以前、富山県に講演に行った際に、メンバーさんとお話させてもらったのですが、例えば、富山県は中学受験はほとんどないそうなんです。

受ける学校も全県で1つか2つくらいしかないとか。

だから、皆公立に当たり前に進学する。小学校のときは、あまり塾に行く人はいないとも言われていました。

そして、高校も公立に進学する。

その代わり、公立高校のトップ校の進学実績は結構すごいわけです。

手元にある『大学入試全記録「高校の実力」完全版』2006年度版での数字ですが、県内トップ校の富山中部高校の実績を見ると、

卒業生277名で

東大27、京大2、北大12、東北大15などなど、国公立大学に190名近くが進学しているわけです。

浪人も入っているんでしょうが、これって結構な実績です。

その代わり、高校受験はもう激烈な1点の戦いになる。

ホント1問落としたら、アウトなわけです。そういう地域もあるわけです。

富山県などは、「公立はどうなんでしょう?」って言っても、ほぼ公立しか道はない。

その公立小→公立中→公立校で全国のライバル相手に戦っている。

相談者さんは、

基礎学力は、ある程度つけさせてやりたい

と書いていました。

その基礎学力も、さっき書いたように、「九九ができる」を基礎学力と考えればそこで終わりです。

でも、「九九」にだって、もっと深い使い方だってある。

公立小学校であるならば、100点取った先にもまだふかーーい道があるのです。

現在地点をハッキリさせて、お進みくださいね。