マスコミ掲載実績

親技は、子供の頑張りはそのままで、親次第で成績を上げるテクニックです。これまで多くの方に参加をいただき、多くの喜びの声が届いています。先輩たちのトライ&エラーや相談など公開していますので、参考にしていただければ幸いです。

親技公式サイト

「東大合格生のノートはかならず美しい」の活用法とは!?

先日、「ストロングのひとりごと」で

→ 「東大合格生のノートはかならず美しい」

という本が売れてますねと紹介しました。

もともと本の内容から受験参考書のコーナー(大学受験をする高校生がターゲット?)にあったらしいのですが、社会人の購入者が多いことからビジネス書のコーナーに移動したら売れるようになったとも聞きました。

同じ本でも売り方で違うなんておもしろいですねえ...(◎_◎)

そういえば、こんなアクティブでステキな本屋の店員さんもいるみたいです。

丸善 丸の内店 上村祐子さん 【ほぼ日刊イトイ新聞】

それはともかく本のタイトルや企画が、「親のみなさんにグッとくるものだった」というのがヒットの一因だったかもしれません。

ノートの汚いわが子の参考になればと購入してみようと。

一方、アマゾンのカスタマーレビューでは購入者からの厳しい意見も多く見受けられます。

いろいろな表現はありますが、大まかにいえば

タメにならない

と・・・・

大ヒットしているのにね(≧◇≦) 

ストロングはこの本を皆さんに紹介する際、

ストロングはこの本を手に取った時に、タイガー山中に「これって売れるよ。みんなこういうの好きだもん!」って言ったんです。

つまり、ここで紹介されているノートなんかを見ると、親がしびれちゃうんですな(^ε^)-☆

いいなあ、羨ましいなあ!?

しかし、我が子のノートや字を見ると・・・なんなのこれは!なんて(≧◇≦)

だから、この本は子供たちにさりげなく見せてやるのがいいんだと思います。

ただし、見せて効果を期待する場合は、

◆親と子供の信頼関係がある

◆子供が一生懸命勉強をやっている、または意識が高い

くらいの条件は必要でしょう。

上記2点がない場合は、この本を見せても、

「気持ち悪いんだよ。うれしいのか、こんなノート取って!」

なんていう反応があること請け合いです。

こんなふうに書きました。

意識付けや意欲を引き出すためのツールとして有効だと思いますが、良い刺激になって成果が期待できるのはみんなではないと思ったからです。

ただ、今回のメルマガでぜひ考えてみてほしいのは、

タメにならないから必要がないと判断することも大切ですが、どんなことでもプラスにしていく親子になることの方がもっと大切なことである

ということなのです。

自分にとって100%イイものなんて世の中にそうあるもんじゃないでしょう?

ちょっとでも気に入らないとケチつけてダメだと言っていたんじゃあ、それこそ全部にケチをつけるようになりますし・・・

もっと踏み込んで言えば、そういう人が「ちゃんとできているか」といえば、たいていノー!!!!!

だから、仮に気に入らない部分はあったとしても、また全部気に入らなくても、自分にはプラスにするように持っていく。

なんでもかんでも吸収するのが成績がイイ子とすれば、なんでもかんでもプラスにしていくのが成績がイイ子の親ってもんです。

子供たちにはいろんな刺激を与えてやってほしいと言ってきました。

それは子供を見てて、子供が何で「ピン!」とくるかわからないからです。実際、「東大生の美しいノート」を見て、参考にならないという方も多くいるのでしょう。

しかし、一方で、本にあったように、今では授業の終わりに自分でノートに「授業のまとめやポイント」を書くようになったという報告がありました。

また、答え合わせで今まではただ○×をつけていただけの子供がこれも本に載っていましたが、

「ここのミスは痛い」「イイ解き方してる!」

なんてメモして書いて帰るようになったお子さんもいます。

なにがキッカケになるかはわからない!

子供が1つでもいい刺激をうけたなら万々歳。

与える親のほうも100のうち1つ大ヒット、2つか3つしょぼいヒットがあれば万々歳なわけですから。 

ただ、勉強については与えるだけでヒットというのが難しい。

ちとハードルが高いと思うわけです。

けなされる理由はここにあるのかもしれませんね。

いくら良い参考書を与えても、それだけでは成績は上がらない(≧◇≦)

成果の出るやり方なんかも併せて与えてやる必要があるわけです。

面倒ですよね(>_<)

しかも、親自身だって勉強のやり方がわからない場合、どうしたらいいんだ!?ってことになる。

ストロングは、親自身が成績優秀でなくても子供たちは成績がイイ子になることは可能であると断言していますが、このあたりはみなさん心配されます。

もちろん、親自身が勉強のやり方を知ってるにこしたことはないのですけど・・・

では、勉強のやり方がわからない親は何をしたらいいのか?

続きは
購読は無料
※登録後、親技公式メールマガジン(新「勉強の常識」)を毎週2回配信させていただきます。購読は無料です。 解除を希望の場合、1クリックで解除できます。
管理人の紹介

子供の頑張りはそのままで、今より成績を上げる方法があるのをご存知ですか?親のみなさんに是非知っておいて欲しいことがあります。それは、親が変われば、子供も変わるという厳然たる事実。その当たり前で厳然たる事実を知っていただくべく、私たちは、子供たちの成績を上げることを目的とした親の会を主宰しております。毎週2回、無料メールマガジンも発行中!

親技公式サイト