「授業のお土産」の記事一覧

こんにちは、ストロング宮迫です。 春の風が吹いてますなあ。今週は高校入試の怒涛の合格発表の週です。 結果が出たらすぐ戦闘態勢へ。すぐに戦闘態勢に入れない方は1年間を振り返って今のやり方そのままでいくのか、少し変えるのかの検証をすることです。 各学年が進むということは、または小学校から中学校、中学校から高校へ進むということは、レベルが一段階上がるってことです。上がることはあ...
こんにちは、ストロング宮迫です。 高校入試、最後まで基地にいて出撃命令を懸命の努力を続けながら待っていた隊員たちが飛び立って行きました。 帰りの燃料は充分持っています。しっかり闘って、きちんと帰ってこいよ! 受験報告をたくさんいただいておりますが、返信が遅れております。どうぞお許しくださいませ。 さて、受験報告に次いで、各種お問い合わせが怒涛の如く押し寄せております...
早速、質問を読んでもらって親技の警策を受けていただきましょうか。 小6 塾の通常授業以外の、特別講座や特訓に参加するべきかどうか、その見極めの方法がわかりません。 こんにちは、ストロング宮迫です。 ご質問の件、基本的には「参加する」というのが王道ではないでしょうか。 塾の授業もよくわかり、家庭学習もやって、成績もある程度取れている場合、塾のカリキュラムや路線にのっていくの...
こんにちは、ストロング宮迫です。 東京・神奈川の中学入試のメインディッシュがいよいよ今週末から。全国の中学入試も大詰めを迎えています。そして高校入試がいよいよ本格化です。 たくさんいただいている受験報告へのご返信が少し滞っております。順次返信していますのでもうしばらくお待ちくださいませ。 受験結果の報告で喜びの報告はいいんですが、悔しい報告は読むほうもなかなかしんどいものです。ま...
早速読んでいただいて私のバズーカ砲を受け止めていただきましょうか。 先日、ネットのニュースをみておりましたら、裁判員制度に関するこんなニュースがありました。 裁判員制度は平成21年5月21日からが始まりました。その趣旨は、国民が刑事裁判に参加することにより、裁判が身近で分かりやすいものとなる、司法に対する国民の信頼の向上につながるなどが期待されて始まりました。 裁判員制度が子供の...